カゲロウ

作詞作曲:永尾明

イラスト:あまがみこ

 

ふわふわ浮かんでる

記憶はなぜ飛んでる?

そもそもなぜ浮いてる

あれは東京のタワー?

 

朝日は登り出す

地上はもう騒ぎ出す

私もじゃあ動き出す

だけど、どこいけばいいの

 

覚えてるのは

ただ悲しくて (苦しくて)

逃げ出したくて (なぜ?)

なぜだか空の上

 

回りだす

私を置いたまま (ここにいるよ)

私はここにいるよ

降り積もるカゲロウは

雪のように行く手を濡らす

 

 

少しずつ思い出す

家族とか友達

犬や猫や街並み

みんなどこにいったんだ


覚えてるよ

真っ赤に染まる視界

(染まる世界)

押しつぶされて

(それで)

私は空の上

 

消えてゆく

記憶を抱いたまま

(ここにいたよ)

私はここにいたよ

ゆらゆらと陽炎の

夢のように私も消える

 

 

気がつけばここは

影も過去もない場所

未来も勝利もないとこ

これはもしや天国か

 

ここじゃ毎日カーニバル

苦情も聞いちゃくれないよ

私もじゃあ踊り出す

これが救いの道か

解放の鐘が響く