YouTubeで再生数を伸ばす方法

f:id:bettychang:20180818043049j:plain

YouTubeそれは草も生えぬ果てなき砂漠

 

YouTube、それは草木も生えぬ砂漠の地。

あるものは己の再生数の少なさに失望し命を落とし

あるものは低評価の闇に心を絡め取られ進むべき方角をも見失う。

人影も街もない不毛の土地で、それでも幻のオアシスへと水を求めてさまよう場所。

創作者の魂と希望と絶望が交差する試される大地

それがYouTube

いきなりどうでもいいポエムを書いてしまいましたが、今回はYouTubeで再生数をあげる方法について話したいと思います。

早速本題ですが、たとえば再生数100あたりで全然見られていないと思っている方、100前後の場合たぶん作品のできが良い悪いとか魅力があるない以前に、そもそもだれにも存在を知られてない状態です。

そういった場合はまず、YouTubeの宣伝機能を使うと良いです。

YouTubeGoogle広告という機能を使い、YouTube内に自分の動画の広告を出すことができます。しかもほんの数百円程度でも数百回は再生されます。

もしも自分の動画が数百円の宣伝の価値もないと思われるのであればしかたないですが、数十時間かけて制作したものであれば、そんなはずはない(と信じたい)。

実際、広告単価は視聴率つまり広告表示数に対するクリック数の割合により変動するようですが、たぶんボカロ作品であれば、私の場合とそんなに違いはないのではないでしょうか。たぶんですが。

それで、自信がある作品や人に見てもらう価値があると自負するものほど、どんどん存在を知ってもらい、見てもらったほうが良いです。

良い作品を知ってもらうことは世のためです。優れてるかわからなくても、とりあえずでも遠慮せずに広告を出しましょう。知られなければ良作か駄作かはわかりません。

数少ない母数の反応から自分で作品の質を判断してしまうことはなるべく避けましょう。大抵の人は自分の作品ほど控えめに評価します。

先ほども述べたように、人間は知らないものは好きにも嫌いにもなれない生物なので、全然再生されていない、つまり知られていない状態は「嫌い」より悪い状態だという認識を持ちましょう。

現代では、例えばAmazon Primeの映画やドラマ、アニメやSpotify、AppleMusicなどの音楽の定額ストリーミング、それとYouTubeを見てもわかる通り、今やコンテンツがただに近いレベルで溢れている時代で、それもものすごいクオリティーの現在・過去のクリエイター作品が共存している時代なので、私やあなたのような無名の作品が誰かの目にとまり、それが口コミで広がるというのは基本的に都合のいいファンタジーの世界であって、宝くじ以下の確率でしかないでしょう。

もちろん作品というものは宝くじとは違いますのですべてが運ではなく、バズるものにはちゃんと理由があるわけであって、例えば人気のある作品の傾向を分析してバズる要素を盛り込んだりすれば物理的に確率は上がるかもしれません。

 

ちょっと話がそれていますが、ではそのねらった作品は果たして自分が本来作りたかったものなのでしょうか。そしてバズった作品で気に入ってもらえた人々は次の作品にも当然そういう要素を期待します。

その後で本来作りたかったものを公開しても、方向性があまりにも違うので集まった人は離れていく可能性が高い気がします。やはり自分が作りたいもので気に入ってもらえる人を増やす、というのが遠いようで近いのです。

だれもがバズ要素特盛なものが好きなわけでもなく、世の中にはいろんな人がいます。つまり物は作るだけでなく、作品と視聴者のマッチングというプロセスが必要です。でも自分の気に入る作品が果たしてどこにあるのか、探し方もわからない。そういう人と作品をつなぐ手法の一つ、作り手からの主体的アプローチとして、広告という選択肢が一つにあるわけです。まあ広告というのは本来そういうものかもしれませんが。

そうして宣伝してたまたま作品を知ってもらった中で、一部の気に入ってもらえた方がチャンネルを登録してくれたり、再訪してもらえるようになる、そしてまた作る、という循環がまずベースです。

またその結果、再生数(と、たぶん高評価数や低評価の数、あるいはそれらの割合かも)が伸びると宣伝しなくても誰か似た動画を再生しているユーザーの画面に関連する動画として勝手にYouTubeがおすすめしてくれる仕組みがあるので、自然に見てくれる人が増えるようになります。また、検索でもより上位に表示されるようになり、自然に再生数が伸びる可能性が高まります。

そういう仕組みを理解した上で活動するということは実はかなり重要です。

他に、そうですね、タグは貼ったほうがいいです。あれは検索や関連動画のサーチで使われているようです。あとタイトルのワードもですね。

YouTubeというシステムは当然人間が動画を実際に見ておすすめしたりしてるわけではないのですが、そのあたりは検索エンジンの仕組みと同じだと考えるとわかりやすいです。

検索エンジンの仕組みはおおざっぱにいうと、検索をかけたワードに対してヒットした文章の中からより多数にかつ長時間、閲覧されている文章が検索上位に上がります。

これはつまり、多数の方にアクセスしてもらうためにはより多数のアクセス数が必要ということなんです。ある意味、卵が先か鶏が先かのような話ですが、好き嫌い以前にそういうロジックなのです。

これはただの事実ですので、まずそのことを理解しましょう。そしてYouTubeの動画に置き換えると、再生数1,000くらいはあったほうが良いかもしれません。これはただの私のこれまでの活動を通して感じた、ただの印象ですが。しかし、結局のところそれ以降、持続的に再生されるかどうかは私やあなたの作品の魅力次第、というわけなのですが。それはそうですね。再生数があるからつまらない作品でも騙されて伸びるというような甘い世界ではないです。

ところで、広告から動画へアクセスしてもらうと低評価がつく確率も上がります。それはなぜか。自発的に動画に見にきてくれる方というのは基本的にあなたが作っている類の動画が好きだからです。それに対して広告からきた場合には、もっと広い範囲の方に見てもらえることになるため、客層がよりシビアになるためです。

 

でも別に気にしなくても大丈夫です。例えばキングオブブルースといわれたB.B.キングのライブ動画にさえ低評価がついていますので、私の曲が気に入らなくてもまったく不思議はありません。それに低評価がついたからといってそれはその1作品に対する1視聴者の評価であって別に誰もがあなたの人格からなにから否定しているわけではないんです(してるかも)。

しかしまあ、せっかく作ったものなのであまり気にしすぎずに、好きとか嫌いとかいってもらったらいいんじゃないかなと思います。

ちょっと話がそれますが、YouTubeの高評価低評価というのはかなりシビアで、SNSのそれとはまったく違います。

SNSは例えば私が使っているnoteのような創作的SNSであっても、相互承認的な人のつながりというものがまずベースにあるので、作品のできと反応が必ずしもつながるわけではなく、むしろコミュニケーション力というものが大きいと感じるのですが、YouTubeの評価にはそういったものがほぼないため、よりリアルな作品独自の評価が反映される、そんな感じはしています。

ちなみに、今の所までの私の作品はボカロ音楽なので、最初はやはり発祥の地?であるニコニコ動画で活動していたのですが、あそこは自発的に聴いてもらうための仕組みがないのでやめました。宣伝は出せるのですがあれは基本的に動画を気に入った人が応援するという発想なので、自分で出すようなものではなく、よって積極的に活動するようなスタイルにはあまり向いていないですね。

 

ニコニコのタグで、「なぜ伸びない」とか、「もっと評価されるべき」というタグがあって、結構象徴的だなと思ったのですが、つまり並外れて良いものや心に響くすごいものであっても、今の時代はコンテンツが溢れすぎているので、よほどバズ的な要素がないと、特に音楽では伸びないのでは?と感じました。そういった意味であそこは案外過去のテレビ的なメディアに近いような感じを受けます。

テレビとはいってみれば昔からバズを追い求めてきた老舗メディアですから。

 

しかし、ニコニコ動画で活動している方がYouTubeに音楽動画をあげた場合ですが、よほど人気のある方でなければその手ごたえのなさに失望することがほとんどではないでしょうか。でも最初はそんなものです。

なぜならYouTubeニコニコ動画と違い、ジャンルという概念がないからです。作品の良い悪い以前にあなたの動画の存在はほとんど知られていません。

しかし、YouTube潜在的視聴者数は膨大です。例えるなら、ニコニコ動画がインディアンやアイヌの人々にとっての生まれ育った集落であったならば、YouTubeで活動することはその懐かしく慣れ親しんだ土地や人々から離れ、果ての荒野を旅する、そんなイメージでしょうか。私的にはなんとなくそういう違いのイメージです。

 

YouTubeはもはや高齢者の方でさえ知っているほどの一般的な動画視聴環境とみなされており、もはや世界的なインフラと化しています。もしかすると、この地球上で知らない人間のほうが少ないかもしれません。視聴者層はかなり幅広く、ほとんどの国からでもアクセスできます。潜在的ユーザー数を考えるとYouTubeの可能性は非常に高いかもしれません。

 

​それでは、お互いの命運をお祈りしてお別れです。

今回はこの辺で。どうもありがとうございました。