Absolutely Sweet Marie / 絶対的に愛しいマリー

Blonde on Blonde / ブロンド・オン・ブロンド

f:id:bettychang:20190327034121j:plain

 

Well, your railroad gate, you know I just can't jump it

Sometimes it gets so hard, you see

君の踏切

それを飛び越えられないんだ

ときどき酷く難しい

わかるだろう

 

I'm just sitting here beating on my trumpet

With all these promises you left for me

ここに腰掛けてトランペットを吹くだけ

交わした約束すべてを置いたまま

 

But where are you tonight, sweet Marie?

だけど今夜はどこにいるの?

スイート・マリー

 

 

Well, I waited for you when I was half sick

Yes, I waited for you when you hated me

君を待ってた

半分病みながら

君を待っていた

おれを憎んでいる時に

 

Well, I waited for you inside of the frozen traffic

When you knew I had some other place to be

君を待っていた

凍えた車の中で

他に行くところがあると君が知っていたとしても

 

Now, where are you tonight, sweet Marie?

それで今夜はどこにいるの

スイート・マリー

 

 

Well, anybody can be just like me, obviously

But then, now again, not too many can be like you, fortunately

まあ誰でもね

おれみたいになるよ確かに

だけどそう多くは君みたいにならないよ

幸運にもね

 

 

Well, six white horses that you did promise

Were fin'lly delivered down to the penitentiary

そうそう

君が約束した6頭の白馬

とうとう着いたよ刑務所に

 

But to live outside the law, you must be honest

I know you always say that you agree

だけど法の外で暮らすには正直にならなくては

そうだねと君はいつもいうに決まってる

 

But where are you tonight, sweet Marie?

だけど今夜はどこにいるの

スイート・マリー

 

 

Well, I don't know how it happend

But the river-boat captain, he knows my fate

それでなんでだかわからないが

リバーボートの船長はおれの運命を知っている

 

But ev'rybody else, even yourself

They're just gonna have to wait

だが他のやつは知らない

ただ待たなくてはならない

 

 

Well, I got the fever down in my pockets

The Persian drunkard, he follows me

それでおれのポケットには熱がある

ペルシャ人の酔っ払い

やつが付きまとう

 

Yes, I can take him to your house but I can't unlock it

You see, you forgot to leave me with the key

そう、君の家につれてくこともできる

だが鍵はかけられない

忘れていただろう

鍵をくれるのを

 

Oh, where are you tonight, sweet Marie?

ああ、今夜はどこにいるの

スイート・マリー

 

Now, I been in jail when all my mail showed

That a man can't give his address out to bad company

おれが刑務所にいたとき

すべてのメールは読まれ

悪い仲間に住所は教えてはならないとわからせ

 

And now I stand here lookin' at your yellow railroad

In the ruins of your balcony

そして今ここに立って君の黄色い鉄道を眺めてる

君のバルコニーの廃墟で

 

Wond'ring where you are tonight, sweet Marie

今夜はどこにいるんだろう

スイート・マリー

 

参考:ボブ・ディラン全詩302篇

 

21st-musictheory.hatenablog.com