As I Went Out One Morning / ある朝でかけると

 

John Wesley Harding / ジョン・ウェズリー・ハーディング

f:id:bettychang:20190327092415j:plain

 

As I went out one morning

To breathe the air around Tom Paine's

ある朝に

さわやかな空気を吸いにトム・ペイン付近を歩いていると

 

I spied the fairest damsel

That ever did walk in chains

美しい少女が鎖に繋がれて歩いていた

 

I offer'd her my hand

She took me by the arm

手を差し出すと腕にすがりついてきた

 

I knew that very instant

She meant to do me harm

その時すぐに気がついたんだ

ぼくに害をなそうとしているのだと

 

 

"Depart from me this moment"

I told her with my voice

「離してくれ」とそういうと

 

Said she, "But I don't wish to"

「離したくない」と答えるので

 

Said I, "But you have no choice"

ぼくは「他にどうしようもない」

といった

 

"I beg you, sir, " she pleaded

「お願いです...」と彼女は懇願する

 

"I will secretly accept you

And together we'll fly south"

「こっそり入れてあげるから私と南へ逃げてください」

 

 

Just then Tom Paine, himself

Came running from across the field

その時だ

トム・ペインが畠を走りやってきた

 

Shouting at this lovely girl

And commanding her to yield

少女に怒鳴り散らしやめるよう命令した

 

And as she was letting go her grip

Up Tom Paine did run

少女は掴んだ手を離しトム・ペインが駆け寄って

 

"I'm sorry, sir" he said to me,

"I'm sorry for what she's done"

「すまなかった」と彼がいった

「彼女のしたことは本当にすまなかった」と

 

参考:ボブ・ディラン全詩302篇

 

21st-musictheory.hatenablog.com