Chimes of Freedom / 自由の鐘

 Another Side of Bob Dylan / アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン

f:id:bettychang:20190327061242j:plain

 

Far between sundown's finish

An' midnight's broken toll

日没の果てと

真夜中の途切れた鐘の隙間

 

We ducked inside the doorway,

Thunder and crashing

戸口の内側で凄まじい雷鳴に首をすくめる

 

As majestic bells of bolts

Struck shadows in the sounds

荘厳な稲妻の鐘は響きの影を打つ

 

Seeming to be the chimes

Of freedom flashing

まるで自由の鐘が煌めいているように

 

Flashing for the warriors

Whose strength is not to fight

煌めいている

争わぬ強さを持つ戦士のために

 

Flashing for the refugees

on the unarmed road of flight

煌めいている

武器もなく逃げ出した路上の難民のために

 

An' for each an' ev'ry underdog soldier

In the night

そしてあらゆる夜の負け犬の兵士のために

 

An' we gazed upon

The chimes of freedom flashing

そして僕らは煌めく自由の鐘を見つめた

 

 

In the city's melted furnace,

Unexpectedly we watched

街中の溶けた炉の中で

思いがけず見つけた

 

With faces hidden while

The walls were tightening

顔を隠して硬直しつつある壁を

 

As the echo of the wedding bells

Before the blowin' rain

豪雨の前のウェディングベルの反響

 

Dissolved into the bells

Of the lightning

稲妻の鐘に溶けゆく時に

 

Tolling for the rebel

Tolling for the rake

鳴っている

反逆者のため

鳴っている

放蕩者のため

 

Tolling for the luckless,

The abandoned an' forsaked

鳴っている

運に見放され見捨てられた者のため

 

Tolling for the outcast,

Burnin' constantly at stake

鳴っている

火炙りにされ続ける追放者のために

 

An' we gazed upon

The chimes of freedom flashing

そして僕らは煌めく自由の鐘を見つめた

  

 

Through the mad mystic hammering

Of the wild ripping hail

激しく引き裂くあられが狂気に神秘に叩きつける中

 

The sky cracked its poems in

Naked wonder

空はその言葉を無垢の驚異の中に割る

 

That the clinging of the church bells

Blew far into the breeze

教会の鐘のもつれあいは

はるか波風に乗り

 

Leaving only bells of lightning

And its thunder

ただ雷鳴と稲妻の鐘のみが残される

 

Striking for the gentle,

Striking for the kind

打ち続ける

優しい人のため

打ち続ける

親切な人のため

 

Striking for the guardians

And protectors of the mind

打ち続ける

守護者と心の保護者のため

 

An' the unpawned painter

Far behind beyond his rightful time

正当な時間のかなたの陰に囚われた画家のため

 

An' we gazed upon

The chimes of freedom flashing

そして僕らは煌めく自由の鐘を見つめた

 

 

In the wild cathedral evening

The rain unraveled tales

荒れ果てた大聖堂の夕べの中

雨は会話を解きほぐす

 

For the disrobed faceless

Forms of no position

服を剥がれて顔もなく地位もない者のため

 

Tolling for the tongues

With no place to bring their thoughts

鳴っている

考えを伝える場所もない舌のために

 

All down in taken-for-granted

Situations

すべての当然ととられる状況で

 

Tolling for the deaf an' blind

Tolling for the mute

鳴っている

聴覚視覚の障害者のため

鳴っている

ろうあ者のため

 

For the mistreated, mateless mother,

The mistitled prostitute

虐待被害者や未亡人や捨てられた売春婦のため

 

For the misdemeanor outlaw,

Chased an' cheated by pursuit

追い立てられ騙された品のない追放者のため

 

An' we gazed upon

The chimes of freedom flashing

そして僕らは煌めく自由の鐘を見つめた

  

 

Even though a cloud's white curtain

In a far-off corner flashed

彼方の雲の白いカーテンが煌めき

 

An' the hypnotic splattered mist

Was slowly lifting

そして眠りを誘う水玉模様の霧がゆっくりと晴れ

 

Electric light still struck like arrows,

fired but for the ones

雷光はいまだ火のついた矢のように打ち続ける

 

Condemned to drift

Or else be kept from drifting

漂うように漂わぬように

運命づけられた者を除いて

 

Tolling for the searching ones,

On their speechless, seeking trail

鳴っている

言葉なく求める旅路を求める者たちのため

 

For the lonesome-hearted lovers

With too personal a tale

ひどく個人的で寂しい恋人達のため

 

An' for each unharmful, gentle soul

Misplaced inside a jail

無害な冤罪者の魂ひとつひとつのため

 

An' we gazed upon

The chimes of freedom flashing

そして僕らは煌めく自由の鐘を見つめた

 

 

Starry-eyed an' laughing

As I recall when we were caught

星のような目で笑っていた

僕らが掴んだ時を思い出すように

 

Trapped by no track of hours

For they hanged suspended

宙に浮いたままの時間の軌跡ともつかない罠に囚われて

 

As we listend one last time

An' we watched with one last look

最後にもう一度聴き入っていた

最後にもう一度見入っていた

 

Spellbound an' swallowed

'Till the tolling ended

魔法にかけられて飲み込まれて

鐘が鳴り終わるまで

 

Tolling for the aching

Whose one's wounds cannot be nursed

鳴っていた

癒されることなく傷ついた者のため

 

For the countless confused, accused, misused,

Strung-out ones an'worse

数えられないほどの

混乱し非難され虐待され騙されて

最悪に追い込まれた者たちのため

 

An' for every hung-up person

In the whole wide universe

全世界のひとりひとりの心折れた者のために

 

An' we gazed upon

The chimes of freedom flashing

そして僕らは煌めく自由の鐘を見つめた

 

参考:ボブ・ディラン全詩302篇