Talking New York / ニューヨークを語る

Bob Dylan / ボブ・ディラン

f:id:bettychang:20190327051222j:plain

 

Ramblin' outa the wild West

Leavin' the towns I love the best

西部を離れて

最愛の街から出て

 

Thought I'd seen some ups and downs,

'Til I come into New York town

上から下までいろいろ見てきたつもりだった

ニューヨークに来るまでは

 

People goin' down to the ground

Buildings goin' up to the sky

そこで人は地下へもぐり

ビルは空へ伸びていた

 

 

Wintertime in New York town

The wind blowin' snow around

冬の日のニューヨーク

風は吹き、あたりは雪

 

Walk around with nowhere to go,

Somebody could freeze right to the bone

行き場もなくぶらつけば

骨まで凍りつきそう

 

I froze right to the bone

おれは骨まで凍った

 

New York Times said it was the coldest winter in seventeen years;

ニューヨーク・タイムズがいうには過去17年で最大の寒波らしい

 

I didn't feel so cold then

するとそれほどは寒く感じなかった

 

 

I swung on to my old guitar,

Grabbed hold of a subway car

古いギターを掴み

地下鉄に乗り

 

And after a rocking, reeling, rolling ride,

I landed up on the downtown side;

しばらくガタゴト揺られたら

商業地区に出た

 

Greenwich Village

グリニッチ・ヴィレッジだ

 

 

I walked down there and ended up

In one of them coffee-houses on the block

Got on the stage to sing and play,

歩いて辿り着いた場所は

とある区画のカフェで

ステージに出て弾き語りをすると

 

Man there said, "Come back some other day,

You sound like a hillbilly;

We want folk singers here."

男がいった「出直してくるんだな」

「あんたはヒルビリーをやるようだが

うちはフォークシンガーが欲しいんだ」

 

 

Well, I got a harmonica job, begun to play,

Blowin' my lungs out for a dollar a day

それからハーモニカの仕事を見つけて吹き始めた

日給1ドルのために肺をすり減らた

 

I blowed inside out and upside down

おれは吹きまくった

体が裏返しになってぶっ倒れるまで

 

The man there said he loved m' sound

 He was ravin' about how he loved m' sound

ある男はおれの音が好きだといった

どれだけおれの音が好きかと

 

Dollar a day's worth

それで日給1ドルだ

 

 

And after weeks and weeks of hangin' around

I finally got a job in New York town

それから何週間もさまよって

ついにニューヨークでの仕事にありついた

 

In a bigger place, bigger money too

Even joined the union and paid m' dues

でかい規模で収入もでかい

組合にも入ったし会費も払った

 

 

Now, a very great man once said

That some people rob you with a fountain pen

そういえば昔とても偉大な人がいってたけれど

万年筆目当てに泥棒するやつがいるらしい

 

It didn't take too long to find out

Just what he was talkin' bout

おれはそんなにかからずに

彼が何をいいたいのかわかった

 

A lot of people don't have much food on their table,

But they got a lot of forks 'n' knives

テーブルには大勢の人がいるし食べ物は全然足りてない

だけど彼らはたくさんのフォークやナイフを手にしてて

 

And they gotta cut somethin'

何か切っているんだから

 

 

So one mornin' when the sun was warm,

I rambled out of New York town

それである朝

日が暖かい頃におれはニューヨークを去った

 

Pulled my cap down over my eyes

And headed out for the western skies

帽子を目深にかぶり

西の空を目指して

 

So long, New York

Howdy, East Orange

さようなら、ニューヨーク

こんにちは、イーストオレンジ

 

*イーストオレンジはニュージャージー州の都市で

ニューヨークの西に位置する

 

参考:ボブ・ディラン全詩302篇

21st-musictheory.hatenablog.com