A Hard Rain's A-Gonna Fall / すごい雨が降りそうなんだ

The Freewheelin' Bob Dylan / フリーホイーリン・ボブ・ディラン

f:id:bettychang:20190327060234j:plain

 

Oh, where have you been, my blue-eyed son?

And where have you been, my darling young one?

ああ、どこにいってたの青い目の息子

それで、どこにいってたの愛しい息子

 

I've stumbled on the side of twelve misty mountains

I've walked and I've crawled on six crooked highways

12の霧深い山の山腹でつまずいて

6つの曲がりくねった道路をはったり歩いたり

 

I've stepped in the middle of seven sad forests

I've been out in front of a dozen dead oceans

7つのくすんだ森の中ほどに入り込んで

12の死の海の前に佇んで

 

I've been ten thousand miles in the mouth of a graveyard

墓地の入り口に1万マイル入り込んでいた

 

And it's a hard, and it's a hard, it's a hard, and it's a hard

And it's a hard rain's a-gonna fall

それで、すごい、すごい、すごい、すごい

すごい雨が降りそうなんだ

 

 

Oh, what did you see, my blue-eyed son?

And what did you see, my darling young one?

ああ、何を見たの青い目の息子

それで、何を見たの愛しい息子

 

I saw a newborn baby with wild wolves all around it

I saw a highway of diamonds with nobody on it

産まれたての赤ちゃんが狼たちに囲まれているのを

誰もいないダイヤモンドの道路を

 

I saw a black branch with blood that kept drippin'

I saw a room full of men with their hammers a-bleedin'

真っ黒の木の枝から血が滴り落ちていくのを

血の付いたハンマーを持った人でいっぱいの部屋を

 

I saw a white ladder all covered with water

I saw ten thousand talkers whose tongues were all broken

水に浸かっている白いはしごを

舌のちぎれた1万人のおしゃべりたちを

 

I saw guns and sharp swords in the hands of young children

手に拳銃と鋭い刃物を持った子供たちを

 

And it's a hard, and it's a hard, it's a hard, and it's a hard

And it's a hard rain's a-gonna fall

それで、すごい、すごい、すごい、すごい

すごい雨が降りそうなんだ

 

 

And what did you hear, my blue-eyed son?

And what did you hear, my darling young one?

それで何を聞いたの、青い目の息子

それで何を聞いたの、愛しい息子

 

I heard the sound of a thunder, it roared out a warnin'

Heard the roar of a wave that could drown the whole world

雷の音、それは警告を発してた

波のうなり、それは全世界を溺れさせる

 

Heard one hundred drummers whose hands were a-blazin'

Heard ten thousand whisperin' and nobody listenin'

100人のドラムの音、手の凍りついた

1000人の囁き、誰も聞いてない

 

Heard one person starve, I heard many people laughin'

Heard the song of a poet who died in the gutter

ひとりの餓死者の声、大勢の笑い声を

側溝で死んだ詩人の歌を

 

Heard the sound of a clown who cried in the alley

路地裏の道化師の叫び声を

 

And it's a hard, and it's a hard, it's a hard, and it's a hard

And it's a hard rain's a-gonna fall

それで、すごい、すごい、すごい、すごい

すごい雨が降りそうなんだ

 

 

Oh, who did you meet, my blue-eyed son?

Who did you meet, my darling young one?

ああ、誰に会ったの青い目の息子

誰にあったの、愛しい息子

 

I met a young child beside a dead pony

I met a white man who walked a black dog

死んだポニーのそばにいた子供に

黒い犬をひきつれた白い男に

 

I met a young woman whose body was burning

I met a young girl, she gave me a rainbow

全身を火に包まれた若い女の人に

若い女の子に、ぼくに虹をくれた

 

I met one man who was wounded in love

I met another man who was wounded with hatred

愛に傷ついたひとりの男に

憎しみに傷ついた別の男に

 

And it's a hard, and it's a hard, it's a hard, and it's a hard

And it's a hard rain's a-gonna fall

それで、すごい、すごい、すごい、すごい

すごい雨が降りそうなんだ

 

 

And what'll you do now, my blue-eyed son?

And what'll you do now, my darling young one?

それで、これから何をするの青い目の息子

それで、これから何をするの愛しい息子

 

I'm a-goin' back out 'fore the rain starts a-fallin'

I'll walk to the depths of the deepest black forest

雨が降り出す前にまた出かけたい

黒い森の奥を、奥深くまで歩きたい

 

Where the people are many and their hands are all empty

Where the pellets of poison are flooding their waters

そこは手に何も持たない人々でいっぱい

そこは毒薬が水として溢れ出てる

 

Where the home in the valley meets the damp dirty prison

Where the executioner's face is always well hidden

そこは山あいの民家が不潔な監獄と向かい合わせ

そこでは処刑人の顔はいつも隠されてる

 

Where hunger is ugly, where souls are forgotten

Where black is the color, where none is the number

そこでは飢えることは醜く、魂は忘れられる

そこでは「真っ黒」が色彩で、「何もない」が数字だ

 

And I'll tell it and think it and speak it and breathe it

And reflect it from the mountain so all souls can see it

そしてぼくは伝えるよ、考える、話すよ、息をするよ

そして山から映し出すんだ、すべての魂が映るように

 

Then I'll stand on the ocean until I start sinkin'

But I'll know my song well before I start singin'

沈みだすまでは海に立っていたい

だけどぼくは自分が歌いだす前に

曲の意味がわかるようになるだろう

 

And it's a hard, and it's a hard, it's a hard, and it's a hard

And it's a hard rain's a-gonna fall

それで、すごい、すごい、すごい、すごい

すごい雨が降りそうなんだ

 

参考:ボブ・ディラン全詩302篇  

en.wikipedia.org

ディランが最も複雑な曲の一つである "A Hard Rain's a-Gonna Fall "を書いた時、ディランはまだ21歳だった。ディランは "Hard Rain "をガスライト・カフェで初演したと言われており、ヴィレッジのパフォーマーであるピーター・ブランクスフィールドはこう振り返っている。"彼は、らせん状のノートから切り取ったルーズリーフの紙を出した。そして彼は歌い始めました。彼はそれを歌い終えたが、誰も何も言うことができなかった。その長さ、エピソード的な感覚。

 

en.wikipedia.org

歴史
ディランはもともと「A Hard Rain's a-Gonna Fall」を詩の形で書いていた。歌詞の最初の反復は、ディランの友人であるウェイビー・グレイビー(Wavy Gravy)と歌手のトム・パクストン(Tom Paxton)がニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジにある共同アパートでタイプライターを使って書かれたものである[4]。

1962年9月22日、ディランはカーネギーホールでオールスターのフーテナニーの一部として初登場した[5][6]。

その一ヶ月後の10月22日、ケネディ米大統領が国営テレビに出演し、キューバ島にソ連製のミサイルが発見されたことを発表し、キューバ・ミサイル危機が勃発した。アルバム『Freewheelin'』のスリーブ・ノートの中で、ナット・ヘントフ(Nat Hentoff)はディランがキューバ・ミサイル危機に対応して "A Hard Rain "を書いたと語っていることを引用している[2]。しかし、この曲を書いたときには、それらの曲をすべて書くのに十分な時間がないと思っていたから、この曲にできることをすべて注ぎ込んだんだ "と語っている。実際には、ディランがこの曲を書いたのは、危機が訪れる1ヶ月以上前のことだった。

この曲は1962年12月6日にコロンビア・レコードのスタジオAでシングル・テイクで録音された[8]。

 

分析と受付
フォークシンガーのピート・シーガーは「谷間の家が湿った汚い牢獄に出会うとき」というセリフを、若者が突然家を出たいと思ったときのことを指していると解釈していたが、それを修飾するために「人は『彼が何を言いたいのかわかっている』と言うのは間違っている」[9]と言った。

この曲のリフレインは核の放射性降下物に言及していると示唆する人もいるが[10]、ディランはこれが具体的な言及であることに異議を唱えている。1963年のスタッズ・ターケル(Stads Terkel)とのラジオ・インタビューの中で、ディランは次のように述べている。

いや、原爆の雨ではない、ただの激しい雨だ。フォールアウトの雨じゃないんだ。ある種の終わりを意味していて、それは起こるべきことなんだ・・・。最後の歌詞で「毒のペレットが水にあふれている」と言うのは、人々がラジオや新聞で聞かされるすべての嘘を意味しています[11]。

マーティン・スコセッシ監督のディランに関するドキュメンタリー映画『ノー・ダイレクション・ホーム』の中で、ビートの詩人アレン・ギンズバーグは初めてディランの音楽を聴いた時のことを語っています。

インドから戻って西海岸に来たとき、詩人のチャーリー・プリメルがボリナスのパーティーで、この若いフォークシンガーのレコードを聞かせてくれたんだ。"Hard Rain "だったと思います。泣いたよ 松明が他の世代に受け継がれているように思えたからです。初期のボヘミアンやビート・イルミネーションから そして自己啓発[12]

作家のイアン・マクドナルドは、この曲をこれまでに書かれた中で最も特異なプロテストソングの一つと表現した[13]。

 

 

21st-musictheory.hatenablog.com