I Want You / きみが欲しい

Blonde on Blonde / ブロンド・オン・ブロンド

f:id:bettychang:20190327034121j:plain

 

The guilty undertaker sighs

The lonnesome organ grinder cries

やましい葬儀屋はため息をつき

寂しい手回しオルガン弾きが泣き叫ぶ

 

The silver saxophones say I should refuse you

銀色に光るサックスたちは語る

きみを拒絶しなければならないんだと

 

The cracked bells and washed-out horns

Blow into my face with scorn

割れたベルと洗いざらしのホルンは

私の顔に軽蔑を吹きつける

 

But it's not that way

I wasn't born to lose you

だけど私は君を失うために

生まれてきたんじゃない

 

I want you, I want you

I want you so bad

Honey, I want you

君が欲しい、君が欲しいよ

君が欲しいんだ、ものすごく

ねえかわいい人、君が欲しいよ

 

 

The drunken politician leaps

Upon the street where mothers weep

酔っ払いの政治家が踊る

母親たちが嘆き悲しむ道端で

 

And the saviors who are fast asleep,

They wait for you

そして救い主は深い眠りの中

みんながあなたを待ってるよ

 

And I wait for them to interrupt

Me drinkin' from my broken cup

それから私は割れたコップを使って

飲むのを止めてくれる人を待っている

 

And ask me to

Open up the gate for you

私に門を開けてって頼む人をね

きみのために

 

I want you, I want you

I want you so bad

Honey, I want you

君が欲しい、君が欲しいよ

君が欲しいんだ、ものすごく

ねえかわいい人、君が欲しいよ

 

 

Now all my father, they've gone down

True love they've been without it

今や父親たちは皆死んだ

本物の愛も知らぬまま

 

But all their daughters put me down

'Cause I don't think about it

けれど娘たちみんなが私を非難する

なぜって、よく考えてないからって

 

 

Well, I return to the Queen of Spades

And talk with my chambermaid

やれやれ、スペードのクイーンの所に戻りましょう

それで私のメイドと話しましょう

 

She knows that I'm not afraid

To look at her

彼女は私が恐れずに見つめることを

わかってる

 

She is good to me

And there's nothing she doesn't see

私に優しいし

彼女には見えないものなんてなにもないし

 

She knows where I'd like to be

But it doesn't matter

私がどこへ向かいたいのかわかっている

でもそれは問題じゃないの

 

I want you, I want you

I want you so bad

Honey, I want you

君が欲しい、君が欲しいよ

君が欲しいんだ、ものすごく

ねえかわいい人、君が欲しいよ

 

 

Now your dancing child with his Chinese suit

He spoke to me, I took his flute

それからチャイナ服を着て跳ね回るあなたの子が

私に話しかけた、ぼくのフルートを盗んだって

 

No, I wasn't very cute to him

Was I?

いや、私はあまり優しく接しなかったけど

私が?

 

But I did it, though, because he lied

Because he took you for a ride

でも私がやったんです、もっとも彼が嘘をついたからで

彼があなたをドライブに連れていったからで

 

And because time was on his side

And because I...

それで時が彼に味方したからで、

それで、それで・・・

 

I want you, I want you

I want you so bad

Honey, I want you

君が欲しい、君が欲しいよ

君が欲しいんだ、ものすごく

ねえかわいい人、君が欲しいよ

 

参考:ボブ・ディラン全詩302篇

 

21st-musictheory.hatenablog.com