Fourth Time Around / 4回目あたりで

 Blonde on Blonde / ブロンド・オン・ブロンド

f:id:bettychang:20190327034121j:plain

 

When she said

"Don't waste your words, they're just lies"

I cried she was deaf

「言葉の無駄遣いを止めて、全部ただの嘘」

そう彼女にいわれたその時だ

私は叫んだ

彼女は耳が聴こえないんだと

 

And she worked on my face until breaking my eyes

Then said, "What else you got left?"

すると彼女は私の顔に

私が目をそらすまで働きかけて

間もなくいった

「他に何がある?」

 

It was then that I got up to leave

But she said, "Don't forget"

その後、私は去ろうと立ち上がる

だが彼女はいった

「忘れないで」

 

"Everybody must give something back

For something they get"

「誰もが手に入れた分だけ何かを返さなければならないことを」

 

 

I stood there and hummed

I tapped on her drum and asked her how come

私はそこに立ち、ハミングし

彼女のドラムを軽く叩き

どうしてと尋ねる

 

And she buttoned her boot

And straightened her suit

Then she said, "Don't be cute"

すると彼女はブーツのボタンを留め

それからスーツのシワを伸ばして

それからいった

「かっこつけないで」

 

So I forced my hands in my pockets

And felt with my thumbs

それで私はポケットに両手を突っ込み

そして親指で探って

 

And gallantly handed her

My very last piece of gum

優しく彼女に手渡した

私のまさに最後の1枚のガムを

 

 

She threw me outside

I stood in the dirt where everyone walked

彼女は私を外へ放り出し

私はあらゆる人が歩く泥の中に立っていた

 

And after finding I'd

Forgotten my shirt

I went back and knocked

その後で気付いた

シャツを忘れたことを

私は戻りノックした

 

I waited in the hallway, she went to get it

And I tried to make sense

彼女が取りに行っている間、玄関で待っていた

そして私は意味を理解しようとしていた

 

Out of that picture of you in your wheelchair

That leaned up against...

車椅子に乗った君が描かれているあの絵

 あの立てかけてある・・・

 

 

Her Jamaican rum

And when she did come, I asked for some

彼女のジャマイカ産のラム酒

そして彼女がくると、もっと欲しいといった

 

She said, "No, dear"

I said, "Your words aren't clear

You'd better spit out your gum"

彼女は答えた

「だめよ、愛しい人」

私はいった

「ガムを吐き出したほうがいい。何をいってるかわからない」

 

She screamed till her face got so red

Then she fell on the floor

彼女は顔を真っ赤にしてわめきだす

それから床に倒れた

 

And I covered her up and then

Thought I'd go look through her drawer

そして私は彼女を覆ってやり

それから引き出しを見に行こうと思いつく

 

And when I was through

I filled up my shoe

And brought it to you

それがすむと

私の靴にいっぱいに入れて

君の所に持ってきた

 

And you, you took me in

You loved me then

You didn't waste time

そして君

君は私を入れてくれて

あの時、私を愛し

時を無駄にせず

 

 

And I, never took much

I never asked for your crutch

Now don't ask for mine

そして私は

決して多くを取らなかった

君の支えは決して求めなかった

だから私にも求めないで

 

参考:ボブ・ディラン全詩302篇

 

21st-musictheory.hatenablog.com