Talkin’ World War III Blues / 第三次世界大戦を語るブルース

The Freewheelin' Bob Dylan / フリーホイーリン・ボブ・ディラン

f:id:bettychang:20190327060234j:plain

 

Some time ago a crazy dream came to me

少し前にいかれた夢を見た

 

I dreamt I was walkin’ into World War Three

第三次世界大戦に足を踏み入れる夢だった

 

I went to the doctor the very next day

翌日医者へ行ったよ

 

To see what kinda words he could say

彼がなんていうかなって

 

He said it was a bad dream

それは酷い夢だねって彼はいった

 

I wouldn’t worry ’bout it none, though

そのことはもう気にしてないけど

 

They were my own dreams and they’re only in my head

それはおれの中の夢で、単におれの頭の中のこと 

 

 

I said, “Hold it, Doc, a World War passed through my brain”

おれはいった「まって先生、世界大戦がおれの脳の中をとおっていったんだ」

 

He said, “Nurse, get your pad, this boy’s insane”

彼はいった「ナース、クッションを持ってきて。この少年は頭がおかしい」

 

He grabbed my arm, I said, “Ouch!”

彼はおれの腕を掴んだ、「痛っ!」

 

As I landed on the psychiatric couch

おれがその精神科の診察台に横になると

 

He said, “Tell me about it”

彼はいった「そのことについて話して」

 

 

Well, the whole thing started at 3 o’clock fast

ああ、すべては3時前に始まって

 

It was all over by quarter past

15分後に全部終わった

 

I was down in the sewer with some little lover

おれは誰か小さい恋人と下水道に沈んでいて

 

When I peeked out from a manhole cover

マンホールのカバーからそっと覗いてて

 

Wondering who turned the lights on

誰が明かりをつけたんだろうって不思議に思っていて

 

 

Well, I got up and walked around

それで、立ち上がってあたりを歩いたんだ

 

And up and down the lonesome town

寂しい街のいたるところを歩いたんだ

 

I stood a-wondering which way to go

おれはつったってどっちに行こうかって思ってて

 

I lit a cigarette on a parking meter and walked on down the road

パーキングメーターのとこでたばこに火をつけて道を下った

 

It was a normal day

普通の日だったよ

 

 

Well, I rung the fallout shelter bell

それで、おれは放射能隔離シェルターのベルを鳴らして

 

And I leaned my head and I gave a yell

それから頭を傾けてから大声をあげた

 

“Give me a string bean, I’m a hungry man”

「豆を下さい、空腹なんです」

 

A shotgun fired and away I ran

ショットガンが火を吹きおれはそこから逃げた

 

I don’t blame them too much though, I know I look funny

でも彼らを非難はしないよ、わかってるよおれは変に見えるから

 

 

Down at the corner by a hot-dog stand

角のホットドック売り場にいって

 

I seen a man

男を見た

 

I said, “Howdy friend, I guess there’s just us two”

おれはいった「はーい、こんにちは、ぼくたち二人きりですね」

 

He screamed a bit and away he flew

彼はちょっと叫んでから飛んで消えた

 

Thought I was a Communist

おれを共産主義者だと思ったんだな

 

 

Well, I spied a girl and before she could leave

それで、おれは少女を監視してて、彼女が立ち去る前に

 

“Let’s go and play Adam and Eve”

「さあ行こう、アダムとイブごっこだ」

 

I took her by the hand and my heart it was thumpin’

おれは彼女の手をとって心臓はどきどきしてて

 

When she said, “Hey man, you crazy or sumpin’

彼女がいったよ「ねえ、あなたキチガイなの」

 

You see what happened last time they started”

「彼らがこの前に事を起こした時に何が起こったかわかってるの?」

 

 

Well, I seen a Cadillac window uptown

んー、おれは住宅地でキャデラックの窓ガラスを見て

 

And there was nobody aroun’

そして周りには誰もいないな

 

I got into the driver’s seat

おれは運転席に乗り込んで

 

And I drove down 42nd Street

それで42番通りをドライブした

 

In my Cadillac.

おれのキャデラック

 

Good car to drive after a war

戦争後に乗り回すのにふさわしい

 

 

Well, I remember seein’ some ad

それから、なんかの広告を見たのを覚えてる

 

So I turned on my Conelrad

それでコネラッドをつけた

*コネラッド...1950年代に始まった米国の民間防衛放送ラジオ

 

But I didn’t pay my Con Ed bill

だけど利用料を払ってなかったから

 

So the radio didn’t work so well

ラジオはよく聞こえなくて

 

Turned on my record player—

レコードをかけた

 

It was Rock-a-day Johnny singin’, “Tell Your Ma, Tell Your Pa

ジョニーがRock A Dayを歌っていたよ

「きみのママに伝えて、きみのパパに伝えて」

 

Our Love’s A-gonna Grow Ooh-wah, Ooh-wah”

「ぼくらの愛は育まれ、ウォウウォウ、ウォウウォウ」

 

 

I was feelin’ kinda lonesome and blue

ちょっと寂しくて憂鬱になって

 

I needed somebody to talk to

誰か話し相手が必要だった

 

So I called up the operator of time

それで時報オペレーターに電話したよ

 

Just to hear a voice of some kind

ただなにか声が聞きたくて

 

“When you hear the beep it will be three o’clock”

「ピーっと鳴ったら3時です」

 

She said that for over an hour

彼女は1時間以上そういってた

 

And I hung up

それで電話を切った

 

 

Well, the doctor interrupted me just about then

やれやれ、ちょうどその時医者が邪魔してきた

 

Sayin’, “Hey I’ve been havin’ the same old dreams

いったよ「おお、私も似たような古い夢を見ていたよ」

 

But mine was a little different you see

「しかし、私の夢は君の見たものとはちょっと違っていたね」

 

I dreamt that the only person left after the war was me

「戦争の後にひとりとり残された夢だよ」

 

I didn’t see you around”

「君は見かけなかったなあ」

 

 

Well, now time passed and now it seems

そんなわけで、時間も過ぎて今やどうやら

 

Everybody’s having them dreams

誰もが彼らの夢を見るみたい

 

Everybody sees themselves

誰もが彼ら自身を見て

 

Walkin’ around with no one else

誰もいないとこを歩き回る

 

Half of the people can be part right all of the time

人々の半数はいつでも正しい側で

 

Some of the people can be all right part of the time

何人かはその時々の正しい側にいて

 

But all of the people can’t be all right all of the time

だけどすべての人々がいつでも正しい側にいることはできないよ

 

I think Abraham Lincoln said that

たしかエイブラハム・リンカーンがいっていた

 

“I’ll let you be in my dreams if I can be in yours”

「私の夢に入れてあげよう、もし君が入れてくれるのなら」

 

I said that

おれの言葉だよ

 

参考:ボブ・ディラン全詩302篇

 

21st-musictheory.hatenablog.com