Tangled Up In Blue / ブルーにこんがらがって

 

Blood on the Tracks / 血の轍

f:id:bettychang:20190327054631j:plain

 

Early one mornin’ the sun was shinin’

I was layin’ in bed

朝早くに太陽は輝き

おれはベッドで横になっていた

 

Wond’rin’ if she’d changed at all

If her hair was still red

彼女は変わってしまっただろうか

髪の色はまだ赤いだろうか

 

Her folks they said our lives together

Sure was gonna be rough

彼女の両親はいった、ふたりが一緒になれば

生活は苦しいだろうと

 

They never did like Mama’s homemade dress

Papa’s bankbook wasn’t big enough

あの人たちはおれの母親の自家製ドレスは決して気に入らない

父親の預金通帳は大したことないし

 

And I was standin’ on the side of the road

Rain fallin’ on my shoes

そしておれは道の脇に立ち

雨が靴の上に落ちた

 

Heading out for the East Coast

Lord knows I’ve paid some dues gettin’ through

イースト・コーストへと向かって

神のみぞ知るだ、おれが辿り着く対価を支払ったかは

 

Tangled up in blue

ブルーにこんがらがっていた

 

 

She was married when we first met

Soon to be divorced

はじめて出会った頃、彼女は結婚していた

すぐに離婚したが

 

I helped her out of a jam, I guess

But I used a little too much force

おれは彼女をジャムから外へ助け出した、そう思う

少し強引だったが

 

We drove that car as far as we could

Abandoned it out West

車をできる限り飛ばして

西部に捨て去り

 

Split up on a dark sad night

Both agreeing it was best

暗く悲しい夜に別れた

これが一番よいことだと合意して

 

She turned around to look at me

As I was walkin’ away

彼女はあたりを見回しおれを見て

おれは歩き去るところで

 

I heard her say over my shoulder

“We’ll meet again someday on the avenue”

彼女の声を肩越しに聞いた

「いつかあの並木道でまた会おうね」

 

Tangled up in blue

ブルーにこんがらがっていた

 

 

I had a job in the great north woods

Working as a cook for a spell

おれはグレート・ノース・ウッズで仕事を見つけた

しばらくの間コックとして働いた

 

But I never did like it all that much

And one day the ax just fell

でもそれは全然好きにはなれなくて

そしてある日クビになった

 

So I drifted down to New Orleans

Where I happened to be employed

それでおれはニューオリンズへ流れ落ち

たまたま雇われた

 

Workin’ for a while on a fishin’ boat

Right outside of Delacroix

しばらく漁船で働いた

ドラクロワのすぐの場所で

 

But all the while I was alone

The past was close behind

だがおれが一人きりの間ずっと

その過去は背後によりそい

 

I seen a lot of women

But she never escaped my mind, and I just grew

何人も女を知ったが

だがおれの思考は彼女から逃れることなく、ただ大きくなるばかりで

 

Tangled up in blue

ブルーにこんがらがった

 

 

She was workin’ in a topless place

And I stopped in for a beer

彼女はトップレスの店で働いていて

そしておれはビールを飲みに立ち寄った

 

I just kept lookin’ at the side of her face

In the spotlight so clear

おれはただ彼女の横顔を見つめる

スポットライトに照らされ非常にクリアーで

 

And later on as the crowd thinned out

I’s just about to do the same

そしてあとで客がまばらになると

おれはいつものようにやろうとして

 

She was standing there in back of my chair

Said to me, “Don’t I know your name?”

彼女はおれの椅子の背後に立ち

おれにいった「あなた、なんて名前だっけ?」

 

I muttered somethin’ underneath my breath

She studied the lines on my face

おれはなにかぼそぼそと小声で呟き

 彼女はおれの顔のシワを観察し

 

I must admit I felt a little uneasy

When she bent down to tie the laces of my shoe

認めざるをえない、おれは少し動揺していた

彼女がおれの靴紐を結ぼうとかがんだ時に

 

Tangled up in blue

ブルーにこんがらがっていた 

 

 

She lit a burner on the stove

And offered me a pipe

彼女はストーブの火口に点火して

おれにキセルを勧めて

 

“I thought you’d never say hello,” she said

“You look like the silent type”

「あなた、挨拶もしない人だよね」彼女がいった

「物静かなタイプなんだ」

 

Then she opened up a book of poems

And handed it to me

それから彼女は詩集を広げ

おれに手渡した

 

Written by an Italian poet

From the thirteenth century

イタリアの詩人の

13世紀に書かれた本だ

 

And every one of them words rang true

And glowed like burnin’ coal

それからそのすべての言葉が真実のように響き

燃え盛る石炭のように赤熱し

 

Pourin’ off of every page

Like it was written in my soul from me to you

ページごとに降り注ぎ

まるできみからおれに、おれの魂の中に書き込まれるかのように

 

Tangled up in blue

ブルーにこんがらがった

 

 

I lived with them on Montague Street

In a basement down the stairs

おれはモンテギュー・ストリートの

階段を降りた地下に住み着いた

 

There was music in the cafés at night

And revolution in the air

夜のカフェには音楽があり

革命の空気があり

 

Then he started into dealing with slaves

And something inside of him died

その時、彼は奴隷商売を始め

すると彼の中の何かが死んだ

 

She had to sell everything she owned

And froze up inside

彼女は思わずすべての持ち物を売り払ってしまい

そして内側が凍りつき

 

And when finally the bottom fell out

I became withdrawn

そしてついには底が抜けた時

おれは撤退を始めた

 

The only thing I knew how to do

Was to keep on keepin’ on like a bird that flew

おれが知っているただ一つのやり方は

ひたすらやり続けることだ、鳥が飛ぶように

 

Tangled up in blue

ブルーにこんがらがって

 

 

So now I’m goin’ back again

I got to get to her somehow

そのようにして今やおれは再び戻り

どうにかして彼女にたどり着かなければ

 

All the people we used to know

They’re an illusion to me now

知りあいの人々はみな

今やおれにはイリュージョン

 

Some are mathematicians

Some are carpenters’ wives

数学者もいた

大工の妻もいた

 

Don’t know how it all got started

I don’t know what they’re doin’ with their lives

どのようにしてみんな始めたのかはわからないし

あいつらがどうやって生計を立ててるのか全然しらない

 

But me, I’m still on the road

Headin’ for another joint

だがおれは、おれはいまだ路上生活で

別の場へ向かっている

 

We always did feel the same

We just saw it from a different point of view

おれたちはいつも同じように感じて

おれたちはただ別の視点からそれを眺めていた

 

Tangled up in blue

ブルーにこんがらがって

 

参考:ボブ・ディラン全詩302篇

 

21st-musictheory.hatenablog.com