Every Grain Of Sand / どの砂の粒にも

 

Shot of Love / ショット・オブ・ラブ

f:id:bettychang:20190327052414j:plain
 

In the time of my confession, in the hour of my deepest need

告白の時に

深い欠乏の時間に

 

When the pool of tears beneath my feet flood every newborn seed

私の足元の涙の水たまりが

生まれたばかりの種を押し流すその時に

 

There’s a dyin’ voice within me reaching out somewhere

私の中の死にゆく声が

どこかへ手を伸ばす

 

Toiling in the danger and in the morals of despair

危険の中を身を粉にして歩く

絶望の教訓の中で

 

Don’t have the inclination to look back on any mistake

どんな失敗も振り返るなと

 

Like Cain, I now behold this chain of events that I must break

カインのように

私はわかっている

この事の鎖を断ち切らねばならないと

 

In the fury of the moment I can see the Master’s hand

一時の怒りの中で

主の手が私には見える

 

In every leaf that trembles, in every grain of sand

ざわめく葉の中にも

どの砂の粒にも

 

 

Oh, the flowers of indulgence and the weeds of yesteryear

ああ、享楽の花たちと

昨年の雑草たち

 

Like criminals, they have choked the breath of conscience and good cheer

まるで犯罪者のように

愛嬌も良心の息も絞殺されてしまい

 

The sun beat down upon the steps of time to light the way

太陽は道を照らす時間の階段を打ち落し

 

To ease the pain of idleness and the memory of decay

怠惰の苦痛と腐敗の記憶を和らげる

 

I gaze into the doorway of temptation’s angry flame

私は誘惑の憤りの炎の出入り口を眺める

 

And every time I pass that way I always hear my name

そしていつもその道を通るたびに

自分の名を呼ぶ声が聞こえる

 

Then onward in my journey I come to understand

旅の先で

私は理解するに至るだろう

 

That every hair is numbered like every grain of sand

どの髪の毛ひとつにも番号がつけられていることを

どの砂の粒のように

 

 

I have gone from rags to riches in the sorrow of the night

私はみすぼらしい者から富めるものとなる

夜の悲哀の中で

 

In the violence of a summer’s dream, in the chill of a wintry light

ある夏の夢の猛威の中で

冬の光の寒気の中で

 

In the bitter dance of loneliness fading into space

余白へ消えてゆく

ひとりぼっちの苦いダンスの中で

 

In the broken mirror of innocence on each forgotten face

無垢の上に

互いに忘れられた顔たちが

割れた鏡の中に

 

I hear the ancient footsteps like the motion of the sea

私は古代の足音を聞いた

まるで海のうねりのような

 

Sometimes I turn, there’s someone there, other times it’s only me

ときどき振り返ると

そこには誰かがいて

またある時は私だけ

 

I am hanging in the balance of the reality of man

人間の現実性というバランスの中に

私はぶら下がっているんだ

 

Like every sparrow falling, like every grain of sand

落下する全てのすずめたちみたいに

あらゆる砂の粒のように

 

参考:ボブ・ディラン全詩302篇