ボカロ曲の配信方法についての雑談

 

ひさしぶりにボカロオリジナル曲を作っているところで、なんとなく曲の配信方法について悩みというか思う所がありまして、まあこれは雑談のようなものです。ソロの雑談です。

私はYouTube以外にiTunesなどのダウンロード販売とSpotifyなどのストリーミングなど、ひととおりのプラットフォームへの音源配信をtunecoreという仲介業者経由でやっているんですよ。

まあ実際、私もストリーミングはかなりのヘビーリスナーで、システムの恩恵にあずかっているわけですし、やはりダウンロードやオンラインで視聴できるというのはCDなどと比べて格段に多くの人に聴いてもらえる可能性があるわけなので、極力そういったものに参加していきたいと思っていたわけです。

まあ聴いてもらう可能性でいえばYouTubeやニコニコ動画なんかのほうが全然強いし、映像もあるから、基本的には動画のほうが作品としては優れた可能性のあるフォーマットと個人的には思っているのですが、でもあれってまったく収益化できないので、やはり持続的に活動していくために可能性のあるものとしてストリーミングやiTunesを並行してやってきたわけですね。

そういえばちょっと関係ないですがYouTubeで儲けるとか収益化できるからニコニコ動画よりいいとかいってる人ってたぶん自分でやったことなくて想像だけでいってる人ですよね。全然わかってないんじゃないかな。

YouTubeの広告収益なんてどうにもならないですよ、本当に。もちろんヒカキンさんレベルなら別ですが。たしかニコニコ動画の収益化プログラムのほうが良かった記憶があります。ただニコニコ動画はそれ以外のところでいろいろと賛同できないので場を去ってしまいましたが。

それで、これまでもYouTubeの公開後のどこかのタイミングで可能な限り各種iTunes等々へリリースしてきたんですが、なんというか、100時間とか200時間とかかけて作った音源を聴くのに1円にも満たないという究極のデフレ時代みたいなものにだんだん精神が消耗してきたというか、結局AppleだとかSpotifyとかAmazonだとか、まあYouTubeなんかもGoogleなわけですが、そういった音楽とは別に全然関係ない大企業の皆様が過去のミュージシャンの計り知れない努力の結晶ともいえる音源の数々の圧倒的ストックを売りに無料レベルの極限まで音楽の単価を下げて定額料金を稼ぐという方式に、自分も参加することが正しいことなのか、非常によくわからない。よくわからなくなった、ということかもしれません。

とはいってもこれはある意味搾取だとかそんな大層なことをいいたいわけでは全然なく(別に思ってもいませんし)つまりはほとんど金にならないし、なぜそんな企業に私の愛する音源を無料レベルでむしろお金を払って提供し続けるのか(聴いてもらうためです。それはそうだ)。しかし、あまりにも意味がわからないしクソすぎる、という低レベルの話ですね。

いや自分で参加してるのでまったく意味不明な主張だし要はあんま再生されないから実力でしょってだけで、これはまったくもって本当にどうしようもない話ですねえ。

そういえばtwitterなどで、ストリーミングのシステムや単価などについて問題視するミュージシャンの方の意見など結構見かけましたが、それについて記憶に残っていることがあって、たしかだれかがブコメかなにかで書いていたのですが、「別に不満なら参加しなきゃいいんじゃないの」と。

まあそれは一見すると正論ですよね。もっともなんですけれど。だれも強制されてまるで江戸時代の年貢のように、それか四半期だかに突然にやってくる市民税納付書のように音源を納めろと脅しているわけじゃないわけだし。

でもですね、よくよく考えると物の金銭的価値というものは、結局は相対的なものなんですよ。そこが罠というか、トリックだと思うのですが、つまりそれに自分が参加していなくてもですね、社会的にその金銭的水準が普及すると必然的に自分の作った同ジャンルのもの(この場合「曲」というわけですが)も、それを水準に価値が同等に落ちてしまうわけです。そう認識されるとか、無意識レベルでそれを基準に考慮してしまうといったほうがいいかもしれませんが。

もちろん音楽的な価値の話なんかじゃないです。音楽というものは、いつだって素晴らしいわけで、たとえあの昔懐かしい縦長の、めくると裏に歌詞が書いてあるちっちゃなシングルCD1枚1,000円だろうと1再生0.5円だろうと、音源的価値にはまったく何の違いもないわけですよね。

いやでもそれを聴くためにかかるコストが圧倒的に変化すると、精神的には結局音源的な価値も変わってしまうのかな。世代レベルで。それか慣れで。そう考えるとなんだか悲しいですね。でもそれはそれであるかもしれない。いや当然あるか。もちろん他人事じゃなく。だれもそういう世の中の新しい水準や価値観は、それを否定はできても影響を受けずには居られないわけだし。そもそもレコードが発明された後とそれ以前の人々では相当に音楽というものの認識が違ったんじゃないのかな。今はたぶんそういった変化の第2か第3段階の直後で、すでに安定期に入った感じでしょうかね。

話が逸れましたが。

いやまあ、でも自分はITの人間でもある(正確には、あったですが)わけですし、テクノロジーというかそういった仕組み自体は全然否定するものでもなくすごいと思うし、むしろ敬意すら払ってるし、実際使っているし、そもそもシステムの運営というのは当然ものすごい金がかかるわけですが、それでも個人的にはストリーミングはもうやめようかな、と思ってきています。

しかしYouTubeも活動停止中だし(別に見れますけど)いろいろ微妙ですね。でも制作意欲は非常にあるしカバーであれオリジナルであれ、もしかして無限に作れる気もするのですが(錯覚かもしれませんが)相変わらずどこにもたどり着かない情熱ですね。でも聴いている人になにか響いたり残れば本当はそれでいいんですよ。

本当はというのは、つまり長い目で見ると結局私として大事なことは、明日死ぬとしても大事なのはそれだということですが、でも狭い視野もあるわけですよね、当然生きているのでこれはもうしょうがないしそこを否定しても意味がないと思うんです。

 

まあiTunesなどのダウンロードはまだ続けるかもしれませんが、いやちょっとどうかな。わかりませんね。なにか良い方法があればいいのですが。結局自分自身の問題に戻ってしまうのであんまり方法とかそういった話ではないのかもしれませんが。

例えば、boothとかnoteとか単体で販売する方法もあると思うんですが、あれって本当に微妙だと思うんですよ。単純に決済の敷居とかの話もありますけど、そもそも環境的にすごく不親切というか、例えば普段iTunesやSpotifyで音楽を聴いてるとして、その単曲を購入してWAVファイル落としても、いやスマホでどうやって聴くんだよってなる気がするんですよね。この人気ない人だけWAV直で聴くとか、ちょっとどうなんだ。

まあ自分ではそういう音源を買う機会がないのですが、例えばCDでしか入手できない音源なんかは持っているんですけどね。そのアルバムってiPhoneで聴くためにはまずMacに繋いでる外付けのDVDドライブでiTunesにファイルを読みこんでそのデータファイルをAirDropとかでスマホに繋いで、「ファイル」っていうアイコンかDropboxに入れて単曲ずつ再生するなんていうとてつもなく面倒くさい状況になってしまうんですよ。それはあんまりじゃないかなと。しかも1曲ずつ止まるし。

そういった意味でiTunesのDL方式というのが現代では最低ラインの視聴環境かもなあとやはり思うわけです。オンラインで買って、備え付けのアプリでちゃんとジャケットも曲名も表示されて聴けると。

ああでも同人音楽の方とかM3っていう即売会なんかで売っている方はもちろんCD販売なわけですよね。CD、どうなんでしょうか。でもせっかくみこさんに素晴らしいイラストを書いてもらってるし、CDで物理になったら素晴らしいでしょうね。個人的には非常に満足度高い気がします。別に私の満足度はどうでもいいか。

しかしそもそも、プレイヤーすらもはや持っていないし、CD作るにしてもプリンター持ってないんですよね。まあそれは買えよってだけですけれど。ブログ経由でCD通販とかでひっそりやるのもなんとなくこじんまりとしていて、なんだか良い気はしますね。でもものすごく面倒くさい気がするんですよ。自分が、ではなくて視聴環境として。

あと感覚的なところで、わざわざネットワークで音源データを落とせたりストリーミングできる環境なのにメディアに焼くというのがどうも個人的にしっくりこないですね。

それがしかも単価を維持するためだとするとあまりにも意味がないし、製作者と聴く人と双方にとって本末転倒な気がするんですよね、なんだか。

でもジャケットとかライナーノーツとか、そういうのは本当にいいですよ。古き良きライナーノーツ。

また話が逸れますが、ボブ・ディランの訳詞をブログに公開しだしたのもそもそもが、ストリーミング全盛期でCDに付いている訳詞に変わるものが提供されていないからです。しかも訳詞集も古いものでかつ絶版で、ヤフオクで一万円とかそれ以上しますからね。

それはあんまりじゃあないかなと思ったわけです。洋楽の視聴環境的に。

言語的に孤立した国はこういったデメリットがあることに気づいたわけですが、嘆いていてもしょうがないし、ちょうどボカロ活動停止していたので、自分がそれに変わるものを自分の担当範囲的な意味でやるのは良いんじゃないかなと思ったわけですよ。去年の12月頭の話です。まあもともと個人的趣味でやっていたので、別にそんなに大層な話でもなく趣味なんです。今130曲やりましたが、まだ半分もいってないのでは、、あまりにも多作すぎる。。

 

話を戻すと、まあiTunesのみが自分には妥当かもしれませんね。2行で済む話でした。

ところでさっき同人音楽って話がでましたが、自分もプロじゃないから同人なのかな。でも同って同好の者ですよね。あれは二次創作ってことなのかな?じゃあ違うか。同好とかではないな。いやただのPですかね。でも私は作っていてあれなのですが、ボカロとかって全然聴かないんですよ。果たしてそんな人間がPといっていいのか、別に良いのか。まあ別にいいか。

まあ本当に自分の曲しか聴きませんね、ボカロは。なんというか、ゆかりさんファンなんですよ。いくつか作っているうちにそうなってしまったというか。声質がなんというか、非常に癒されますね。

まあ同人というか昔でいう(今でもいうのかな)インディーズかな。それか個人事業主か。それかただの無職です。KKOでしたっけ。いわゆるそれです。でもあれはただの蔑称か。でもホームレスではないです。屋根のあるところにいます。

 

そんなわけで、特に意味のない文章でした。

ではでは。