Bob Dylan’s 115th Dream / ボブ・ディランの115番目の夢

Bringing It All Back Home

f:id:bettychang:20190524235811j:plain

 

I was riding on the Mayflower

おれはメイフラワー号に乗っていた

*1620年にピルグリム・ファーザーズ(巡礼始祖)が亡命地オランダからアメリカへ渡るときに乗った船

 

When I thought I spied some land

いくらか陸地が見えた時に

 

I yelled for Captain Arab

エイラブ船長を大声で呼んで

*白鯨のエイハブ船長のパロディーと思われる

 

I have yuh understand

おれはそう、彼にわからせた

 

Who came running to the deck

甲板に走り寄ってくる彼に

 

Said, “Boys, forget the whale

彼はいった「お前ら、鯨のことは忘れろ。

 

Look on over yonder

向こうを見渡せ。

 

Cut the engines

エンジンを切れ。

 

Change the sail

帆を変えろ。

 

Haul on the bowline”

はらみ網を引っ張れ。」

 

We sang that melody

おれたちはあのメロディーを歌った

 

Like all tough sailors do

タフな船乗りの誰もがそうするように

 

When they are far away at sea

遠洋に出た時に

 

 

“I think I’ll call it America”

「ここをアメリカと呼ぶことにしよう」

 

I said as we hit land

陸に着くとおれはいった

 

I took a deep breath

深呼吸をして

 

I fell down, I could not stand

おれは転んだ

立っていられなかった

 

Captain Arab he started

Writing up some deeds

エイラブ船長は功績を書き始め

 

He said, “Let’s set up a fort

And start buying the place with beads”

彼はいった

「市場を作って、ビーズで土地を買いはじめるぞ。」

 

Just then this cop comes down the street

ちょうどその時、警官が路上にやってきた

 

Crazy as a loon

カイツブリのように常軌を逸してる

 

He throw us all in jail

彼はおれたちみんなを刑務所にぶち込んだ

 

For carryin’ harpoons

銛を所持していたからだ

 

 

Ah me I busted out

ああ、おれは脱獄した

 

Don’t even ask me how

どうやってかは聞かないで

 

I went to get some help

助けを求めにいった

 

I walked by a Guernsey cow

ガーンジー種の牛の側をとおると

 

Who directed me down

おれを案内してくれた

 

To the Bowery slums

バワリー通りのスラムへと

 

Where people carried signs around

そこでは人々がプラカードを持ち歩いて

 

Saying, “Ban the bums”

彼らがいう

「ホームレスは出て行け」

 

I jumped right into line

Sayin’, “I hope that I’m not late”

おれは列に飛び込んでいった

「間に合ってよかったです」

 

When I realized I hadn’t eaten

For five days straight

そこでおれは思い出した

5日間なにも食っていなかったことを

 

 

I went into a restaurant

おれはレストランにいって

 

Lookin’ for the cook

料理人を探し

 

I told them I was the editor

Of a famous etiquette book

彼らにいった

私は有名なマナー本の編集者です

 

The waitress he was handsome

そのウェイトレスはイケメンで

 

He wore a powder blue cape

淡青色のケープを着ていた

 

I ordered some suzette, I said

おれはシュゼットをいくつか注文して言った

*シュゼット...オレンジとブランデーを使ったフランスの菓子

 

“Could you please make that crepe”

「あのクレープを作ってくれませんか」

 

Just then the whole kitchen exploded

まさにその時キッチン全体が爆発して

 

From boilin’ fat

Food was flying everywhere

煮えたぎる脂から

食品がいたるところに飛び散り

 

And I left without my hat

そしておれは帽子も取らずにその場を後にした

 

 

Now, I didn’t mean to be nosy

で、お節介をやくつもりはないけど

 

But I went into a bank

でもおれは銀行にいった

 

To get some bail for Arab

エイラブの保釈金を手に入れるために

 

And all the boys back in the tank

そして刑務所のあいつら全員を復帰させるために

 

They asked me for some collateral

And I pulled down my pants 

銀行のやつらはおれに担保を要求したので

おれはズボンを脱いだ

 

They threw me in the alley

彼らはおれを路地へと投げ捨てた

 

When up comes this girl from France

その時にフランスからきた少女がやってきて

 

Who invited me to her house

おれを自宅に招き入れた

 

I went, but she had a friend

行ってみたが彼女には友達がいて

 

Who knocked me out

そいつらがおれを殴り倒して

 

And robbed my boots

And I was on the street again

そしておれのブーツを盗んだので

おれはまた路上暮らし

 

 

Well, I rapped upon a house

ああ、おれはとある家のドアを叩いた

 

With the U.S. flag upon display

アメリカ国旗を掲げていた

 

I said, “Could you help me out

I got some friends down the way”

おれはいった

「助けてください。友達が困っているんです。」

 

The man says, “Get out of here

I’ll tear you limb from limb”

その男はいった

「ここから出て行け。お前をばらばらにしてやるよ。」

 

I said, “You know they refused Jesus, too”

おれはいった

「彼らはイエス様をも拒んだ。おわかりでしょう?」

 

He said, “You’re not Him

彼はいった

「お前はイエスじゃない。

 

Get out of here before I break your bones

I ain’t your pop”

そこから出ていけ。骨をへし折られる前にな。

おれはお前の親父じゃない。」

 

I decided to have him arrested

And I went looking for a cop

おれは決意した

こいつを逮捕させてやると

そして警官を探しに行った

 

 

I ran right outside

おれは外へ右方向へと走り

 

And I hopped inside a cab

そしてタクシーに飛び乗り

 

I went out the other door

別のドアから出た

 

This Englishman said, “Fab”

英国人がいった

「ナイス」

 

As he saw me leap a hot dog stand

おれがホットドッグ屋を飛び越すの見た時に

 

And a chariot that stood

Parked across from a building

Advertising brotherhood

そして二輪の戦車が向かいのビルに駐車して

組合の広告活動をしている

 

I ran right through the front door

おれは正面のドアから入る

 

Like a hobo sailor does

渡り労働者の水夫がするように

 

But it was just a funeral parlor

だがそこはただの葬儀場で

 

And the man asked me who I was

そして男がおれに訊ねた

どちらさまですかと

 

 

I repeated that my friends

Were all in jail, with a sigh

おれは友達がみんな刑務所に入れられているんですと繰り返した

ため息混じりに

 

He gave me his card

He said, “Call me if they die”

彼はおれに名刺を渡していった

「亡くなられたらご連絡ください」

 

I shook his hand and said goodbye

おれは握手をして別れを告げ

 

Ran out to the street

走って道に出た

 

When a bowling ball came down the road

その時ボーリングの玉が転がってきて

 

And knocked me off my feet

そしておれの足を打った

 

A pay phone was ringing

公衆電話が鳴っていた

 

It just about blew my mind

それは概ねおれの心に響いたので

 

When I picked it up and said hello 

受話器を上げてもしもしというと

 

This foot came through the line

この足が回線を通り過ぎていった

 

 

Well, by this time I was fed up

そうなんです、この時までに

おれがうんざりするまでに

 

At tryin’ to make a stab

試みたことは

 

At bringin’ back any help

どんな手を使っても取り戻そうと

 

For my friends and Captain Arab

友達とエイラブ船長を

 

I decided to flip a coin

Like either heads or tails

おれはコインを弾くことに決めた

どちらか一方を表か裏かで決めるように

 

Would let me know if I should go

おれがすべきことを教えてくれるだろう

 

Back to ship or back to jail

船に戻るか刑務所に戻るか

 

So I hocked my sailor suit

なのでおれは船乗りの服を質に入れ

 

And I got a coin to flip

そして弾くコインを手に入れ

 

It came up tails

結果は裏だった

 

It rhymed with sails

裏(tail)は帆船(sail)の韻を踏んでいるので

 

So I made it back to the ship

おれは船に戻った

 


Well, I got back and took

The parkin’ ticket off the mast

なるほど

おれは戻るとマストの駐禁の紙を剥がし

 

I was ripping it to shreds

それを引き裂いてやると

 

When this coastguard boat went past

沿岸警備隊のボートが通り

 

They asked me my name

おれの名前を尋ねるので

 

And I said, “Captain Kidd”

おれはいった

「キャプテン・キッドだ」

*キャプテン・キッド...スコットランド生まれの私掠船、海賊船の船長(ウィリアム・キッド)

 

They believed me but

They wanted to know

What exactly that I did

彼らはそれを信じたが

だが知りたがった

一体おれがなにを成したのかを

 

I said for the Pope of Eruke

I was employed

エルケの法皇に雇われたのだというと

 

They let me go right away

They were very paranoid

彼らは直ちにおれを行かせてくれた

やつらは極めて偏執的だ

 

 

Well, the last I heard of Arab

さて、エイラブについて最後に耳にしたことは

 

He was stuck on a whale

That was married to the deputy

Sheriff of the jail

 彼は代議士と結婚している刑務官の鯨に夢中ってことで

 

But the funniest thing was

だけど一番面白かったことは

 

When I was leavin’ the bay

おれが湾を出た時だ

 

I saw three ships a-sailin’

3隻の船を見かけた

 

They were all heading my way

どれもおれの進路につけてきた

 

I asked the captain what his name was

And how come he didn’t drive a truck

おれがその船長に名前と

なんでトラックの運転ができなかったのかを尋ねると

 

He said his name was Columbus

彼はコロンブスだと名乗った

 

I just said, “Good luck”

おれはただひとこといった

「がんばれよ」

 

参考:ボブ・ディラン全詩302篇

21st-musictheory.hatenablog.com