iTunesの今後と存在してない人の話

 

iTunes終了の話題、どうも以前からでていた「音楽販売を切ってAppleMusic一本にする」んじゃないかって気がしますね。むしろあえて情報をもらしていたのではないかという気もしますが、iTunesがダウンロードをやめれば他サービスは使いづらい単体ファイルダウンロード方式だからダウンロードの方式自体が崩壊するし、そうすればその分の利用者が月額ユーザーに移る可能性が高い。ストリーミングはSpotifyなんかもありますが、iTunesユーザーであれば親しみのある同社のApple Musicに移行する可能性は高い。

たぶんそういった戦略な気がします。想像ですが。

 

ところで誰かが書いていた話なんですが、今ストリーミングで配信してない人ってストリーミング利用者からすると「存在してないと同じ」なんですよ。

それは本当そうで、それでまあ存在してなければいくらリリースしても意味ないですよね。

やはり現実に立たなければなあ。。

かといってストリーミングは1再生1円以下レベルでどうしようもないし、動画チャンネルで活動しても、それはYouTubeやニコニコ動画のコンテンツとして消費されて終わってしまうし。

なんとも世知辛い。うーん。実に世知辛い。

もちろん本人がよければどんな形式でもそれでいいんですよ。

活動のやり方はそれぞれですから、それはもうひとりひとり違っていいわけです。

 

それでちょっと思いついたのですが、今ちょうどアルバムを2枚リリースしたところなので、片方をストリーミングで、もう一つをダウンロードのみで流せばバランス良いのではないかなと。

Spotifyで聞いてくれている方も結構いましたし。

つまりアルバム単位で役割分担するわけです。認知的なところと販売的なところを。

どっちがどっちか。

YouTubeで活動していた時にはカバーとオリジナルを交互にやっていたのですが、これはいちおう理由があって、カバー曲は主に認知してもらうためだったんですよ。単にやりたかっただけというのももちろんあるけど。有名な曲なんかは基本そうです。もちろん良い曲しか絶対にやりませんし、有名な曲を好きなようにアレンジし直すというのは非常に楽しい。やりがいのある仕事ですよ。

まあ一応考えがあったわけです。はい。

じゃあ同じ方式でいくかというと、それは難しいな。

どうも過去の傾向を見ていくと、買ってもらえるのはカバーなんですよ。カバー。オリジナルはほとんど売れません。なんでかな。客層の違い??わからない。わからないことが多すぎる。

でもまあ、傾向から考えるとここはやはりオリジナルが認知なのかな。

でもボカロの視聴者はそもそもが、ニコニコ動画にいる気がするんですけどね。ストリーミングとか使うのかな。使わない気がする。しかしだからといって私が今後ニコニコ動画を使うことは99%ない。ないな。でもボカロの視聴者じゃなくて全然いいんですよ、私は。そういうジャンルの枠がない人間です。音楽すべてを愛しています。いやすべてってのはないか。いいすぎた。

でももちろん初めからそんな人間はいないですよ。音楽というのはアイデンティティーを刺激するものでもあるので、そこに入り込むほどに他を否定してしまうようなところがあるんです。自分が大学生くらいの時はブルースとそれに根ざしている音楽以外はすべてゴミだと思っていた時期がありました。人に歴史あり。でもいろんなジャンルを聴いて好きになっていくとその過程でね、結局すべて同じところから発生しているものだとわかるんですよ。表現が違うだけで。追求していくとそういう時がいつかくる。

歌は歌ですよ。歌のないジャズですら、ある意味歌なんです。すべてはブルースなんですよ。ブルースとは行き場のない感情の発露。それが指を伝って楽器に出るか、ボカロの歌にのる言葉に表されるのか、肉声に出るか。4ビートのスピード感に繋がるのか、ディストーションギターの音になるのか、ロックのグルーヴに変わるのか。すべて根っこは同じなんです。それはつまり発生源がおなじ「人」だから。ものすごい話がそれてるな。

やはりオリジナルアルバムでストリーミングかな。

なぜならオリジナル曲はvimeoで動画を全部公開できるし、個人的にも公開しておきたい。

カバーはカバーだからな。これまで売れた曲もカバー。気に入ってもらえているのはオリジナルな気がするけれど。

 

オリジナルアルバムは宣伝のためにストリーミングで出し、カバーアルバムのダウンロード販売に繋げると、そういう戦略ですか。

んーどうでしょう。まあ無策よりはましか。

ではまた。