iTunesストア継続だそうです

 とりあえず一安心です。

support.apple.com

 

Buy music

マックのiTunesストアは、アップルMusicアプリで改善されたSidebarですぐに見つかることができます。
iOS、PCとApple TVの今日であるのと同じように、iTunesストアは残ります。
そして、いつものように、あなたは装置のどれででも、購入品の全てにアクセスすることができて、ダウンロードすることができます。

 

Sync devices with Finder 

あなたがiTunesで装置を管理する方法の全ては、マックにファインダですぐに現れます。
iTunesのあなたの同期セッティングと前のバックアップは、macOS Catalinaに更新した後に、あなたのマックで安全にしておかれます。
装置がファインダで現れる今、あなたが1つの場所にすべてを移すことを望むファイルをドラッグ&ドロップすることもより簡単です。

 

finderで同期できるらしい。もしかしてiTunes Match不要?

だったらいいな。

 

Windowsのほうはあんまりチェックしてないのですが、ブコメなどみるにサポート外になる雰囲気?だとすれば全体的にiTunesダウンロードが縮小方向になるのは間違いないんでしょうね。

つまりこういうことかな

・MacユーザーのみiTunesで音楽管理できる

 →Macを選択するメリットが増えるかも

・WindowsでiTunesをサポートしなければApple Musicに入る機会が増えるのでそれも良い

 

ちなみにMacのなにがいいかというと私が思うにOSを開発しているところがアプリも運営しているような構造になっているので(実際は知りませんが)バラバラの会社がみんなで集まって暮らしてるWindowsより安定性が高いんですよ。バグが少ない。実際Logicはかなり落ちないですね。技術的なレベルというよりはたぶん責任範囲的な構造上のメリットという気もしますが、たぶんアプリやOSのアプデに対する対応がシームレスなんじゃないかな。Windowsは各会社が全然関係ないのでどうしても後手にまわりバグとして現れ後からFixを当てることになります。想像です。すみません。

とにかくまあ落ちないというのはなにより大事ですね。音楽作る人がDAWの不具合の直し方なんか詳しくなっても何の意味もないですからね。そういうのはITの仕事です。無駄なことを考えなくて良い環境というのは大事な気がします。