CD-Rにもいろいろあるんだな、という話

 

そういえばあらためてどこかで説明する機会もなかったのですが、私はこういう同人音楽的活動ってボカロ活動がはじめてなんですよ。

バンドだったりセッションだったりの音楽活動は地味にやっていましたが。

バンドはでも学生のときだけですね。ジャズの固定トリオみたいのは、あれはバンドではないな。

なんだあれは。トリオ。うーん。まあいいか。

それでわからないことだらけですが特に相談する人もなく、なんとなく雰囲気で今もやっているわけですが、そういえばCD売るならメディア、メディアって電気屋のCD-Rとかでいいのか。まずいのかな。

それでまあ調べてみるとメディアにもいろいろあるんですねえ。

 

cdpress.ti-da.net

まずCDとCD-Rは違う。

それくらいはさすがに知ってた。

 

でもCDは業者じゃないと無理そうなので現状CD-Rになるわけですが、エラーとかでるとまずいのでなるべく品質の良いものを買おう。まあそうなりますね。

 

togetter.com

これは2015年のまとめですね。太陽誘電というところが有名(だった)ようです。

そうなんだ。

 

www.tspage.net

このへんの情報が使えそうですね。

 

面白いのは、ウォーターシールドメディアでしょうか。かなり高価ですが、レーベル面はツルツルの光沢でかなり見栄えがします。自主制作CD、DVD用にはオススメですね。家庭用インクジェットプリンターで印刷できます(Canon iP7230で使ってます)。

 

これよさそうですね。

あのCD-R盤面の手作り感はいまいちなので、なるべく違う感じがでれば良いかも。

まあその前にプリンターがないわけですが。

 

www.amazon.co.jp

というわけで、こちらを買ってみました。

値段は一般向けCD-Rの倍くらいしますね。

でもそもそも高いものではないので、いいんじゃないのかな。これくらいは。

 

新しいことをやると学びが多いです。

ではでは。