I Shall Be Free No. 10 / おれは自由 No.10

Another Side of Bob Dylan / アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン

f:id:bettychang:20190703194618j:plain

 

I’m just average, common too

おれはごく平凡

同じようにありふれてる

 

I’m just like him, the same as you

まるで彼みたいだし

きみと同じだし

 

I’m everybody’s brother and son

誰もの兄弟であり息子であり

 

I ain’t different from anyone

誰とも違いはなく

 

It ain’t no use a-talking to me

おれと話しても意味はなく

 

It’s just the same as talking to you

きみと話すのと同じことさ

 

 

I was shadow-boxing earlier in the day

早朝にシャドーボクシングしてた

 

I figured I was ready for Cassius Clay

カシアス・クレイとの戦いを心に思い描いて

*カシアス・クレイ...モハメド・アリの本名

 

I said “Fee, fie, fo, fum, Cassius Clay, here I come

おれはいった

「フィー、ファイ、フォー、ファム、カシアス・クレイ、さあいくぞ。

 

26, 27, 28, 29, I’m gonna make your face look just like mine

26、27、28、29、お前の顔をおれみたいにしてやるぜ。

 

Five, four, three, two, one, Cassius Clay you’d better run

5、4、3、2、1、カシアス・クレイ、逃げたほうがいいぞ。

 

99, 100, 101, 102, your ma won’t even recognize you

99、100、101、102、きみのママでさえ見分けがつかないようにな。

 

14, 15, 16, 17, 18, 19, gonna knock him clean right out of his spleen”

14、15、16、17、18、19、脾臓を打って包み隠さず綺麗にしてやるよ。」

 

 

Well, I don’t know, but I’ve been told

ええっと、よくわからない

だけどそう教えられた

 

The streets in heaven are lined with gold

天国の道路は黄金で線が引かれていて

 

I ask you how things could get much worse

それって最悪なことになるんじゃないのっておれはいったよ

 

If the Russians happen to get up there first

もしロシア人がそこに最初にいったんなら

 

Wowee! pretty scary!

うおおお!かなりやばいよ!

 

 

Now, I’m liberal, but to a degree

ところでおれはリベラルなんですが

でもある程度はですね

 

I want ev’rybody to be free

誰もが自由であるべきだと思うわけです

 

But if you think that I’ll let Barry Goldwater

でももしもバリー・ゴールドウォーターが

*バリー・ゴールドウォーター...アメリカ合衆国の政治家で連邦上院議員。1964年の共和党大統領候補

 

Move in next door and marry my daughter

隣に引っ越してきて

おれの娘と結婚するとすれば

 

You must think I’m crazy!

おれの気が狂ったと思うよ!

 

I wouldn’t let him do it for all the farms in Cuba

キューバ中の農園をくれても許さないよ、おれは

 

 

Well, I set my monkey on the log

うーん、おれは猿を丸太に乗せて

 

And ordered him to do the Dog

そして犬になれと命令した

 

He wagged his tail and shook his head

彼は尻尾を振って頭を振って

 

And he went and did the Cat instead

そして彼は代わりに猫になった

 

He’s a weird monkey, very funky

変な猿だよ

すごくファンキーだ

 

 

I sat with my high-heeled sneakers on

ヒールの高いスニーカーを履いて

 

Waiting to play tennis in the noonday sun

真昼の日差しの中でテニスをしようと待っていた

 

I had my white shorts rolled up past my waist

おれの白い短パンが腰までめくれあがり

 

And my wig-hat was falling in my face

そしてウィッグハットが顔まで落ちてきて

 

But they wouldn’t let me on the tennis court

だけどあいつらはおれをテニスコートに入れてくれなかった

 

 

I got a woman, she’s so mean

おれは女を手に入れた

すごくやばいやつだ

 

She sticks my boots in the washing machine

おれのブーツを洗濯機に置いて

 

Sticks me with buckshot when I’m nude

おれが裸でいると散弾銃のペレットを貼り付け

 

Puts bubblegum in my food

おれの食事にガムを入れる

 

She’s funny, wants my money, calls me “honey”

おかしな女だ

金を欲しがって、おれをハニーと呼ぶ

 

 

Now I got a friend who spends his life

ところで友達ができたよ

そいつは一生かけて

 

Stabbing my picture with a bowie knife

猟刀でおれの写真を突き刺してる

 

Dreams of strangling me with a scarf

スカーフでおれを絞め殺す夢を見て

 

When my name comes up he pretends to barf

おれの名前がでるたびにゲロを吐く真似をする

 

I’ve got a million friends!

友達が100万人だ!

 

 

Now they asked me to read a poem

さて、詩を読んでほしいと頼まれた

 

At the sorority sisters’ home

女子大の寮で

 

I got knocked down and my head was swimmin’

おれは論破されて頭は泳ぎまくってた

 

I wound up with the Dean of Women

学生部長に取り合った

 

Yippee! I’m a poet, and I know it

うおお!

おれは詩人だ、そうだわかってるよ

 

Hope I don’t blow it

殴らなければいいんだが

 

 

I’m gonna grow my hair down to my feet so strange

おれは足のあたりまで不気味に髪の毛を伸ばしている

 

So I look like a walking mountain range

歩く山岳地帯みたいに見えるように

 

And I’m gonna ride into Omaha on a horse

そして馬でオマハに乗り込んで

 

Out to the country club and the golf course

カントリークラブとゴルフコースの方に向かって

 

Carry The New York Times, shoot a few holes, blow their minds

ニューヨークタイムズを携行して、何ホールか打って、彼らの心を吹き飛ばせ

 

 

Now you’re probably wondering by now

ところできみは多分そろそろ

 

Just what this song is all about

この歌はなんなんだよってなるだろうな

 

What’s probably got you baffled more

それよりもっときみを困惑させること

 

Is what this thing here is for

ここにあるこれは何なのかって

 

It’s nothing

何でもない

 

It’s something I learned over in England

それはイングランドで学んだ何かだ