アニメ制作会社が襲撃される不可解な事件が発生 2

www.huffingtonpost.jp

ブコメ

b.hatena.ne.jp

クラウドファンディング支援がアメリカで上がっているようですが、若干賛否両論なんですよね。

自分も少し違和感を感じた人間なのですが、なんだかよくわからないので思考整理のために何かを書いています。

 

例えばこれは震災の復興支援と何が違うのか。

これは被害者支援なのかな。それならわかるし、とにかく最悪な状況にこそ金は必要だ。アニメのファンであればいま金を出さないでいつ出すんだという気もする。

しかし、でもこれは会社に対する支援なのかな。そうなると確かに少し違和感がある。

会社への支援。それは制作活動のための支援であり、つまりアニメを作り続けて欲しいという意思表示だと思うのですが、つまりファンとしては作り続けて欲しいと思う。

ファンとしては当然だと思うのですが、まず、なぜアニメの制作会社が襲撃されたのか、いまのところまったく意味がわからない。動機はあったのか。あるいはまた例によってだれでもよかったのか。遺された方々の支援にしても、多くの同僚が殺害された。これは殺害であり、地震とも津波とも違う。人間が起こした事件であり、じゃあ犯人と自分たちの制作物との間にどういった接点があり、なぜターゲットになってしまったのか。そして遺された方に現時点で作品を作り続ける意思があるのか、また作り続けることができるのか。ファンとして作り続けて欲しいのはもちろんわかる。でも大勢の同僚が殺害された。直接被害を受けなかった方々の恐怖心も計り知れないはず。動機も意図も不透明なままでそうした危険な活動、そもそもアニメを作ることが危険な活動というのも意味がわからないですが、現実的には現場の人にとってそうなってしまったことに対して、よくわからないが現時点でとにかく続けて欲しいと意思表示することが良いことなのかが、よくわからない。答えがあるのかもわからないが、なんとなくそんな気はしてきた。

しかし一方でこういう意見もある。

京アニ火災、アメリカのアニメ配給会社がクラウドファンディングを開始。「私たちの友人である京アニを助けて」 | ハフポスト

若干ドライではあるが、事件直後で聴衆の感情が高ぶっている今の方がより金額が集まり、将来的に京アニ関係者の手助けになるように思う。

2019/07/19 02:21

b.hatena.ne.jp

なるほどなと思いました。それはそうですよね。現実的な意見だ。

 

京アニ火災、アメリカのアニメ配給会社がクラウドファンディングを開始。「私たちの友人である京アニを助けて」 | ハフポスト

公式で何かちゃんとした声明が出てから考えたい。

2019/07/18 22:30

b.hatena.ne.jp

ただ個人的にはこのあたりが非常にしっくりくる。まあ私の感覚はどうでもいいんですけど。

なんであれ金は必要。でも会社というのは人間の集合体なので、それも考えた上であればこの辺りなのかな。ただ私はどちらかというと現実主義者なのでそう考えるとやはり前者なのか。なんにせよ金は必要かもしれないし必要なくなるのであれば別にそれはそれでいいだろ、というのは案外良い発想なのかもしれないな。特に答えはないですけど、そんなことを考えました。

 

追加関連情報

www.sankei.com

 

delitopi.com

alfalfalfa.com

www3.nhk.or.jp

togetter.com

www.kyoto-np.co.jp