Black Diamond Bay / 黒いダイヤの入り江

Desire

f:id:bettychang:20190802001318j:plain

 

Up on the white veranda

She wears a necktie and a Panama hat

白いベランダで

彼女はネクタイとパナマ・ハットを身につけて

 

Her passport shows a face

From another time and place

She looks nothin’ like that

彼女のパスポート写真は別の時間と場所の顔を見せる

まるで別人のようだ

 

And all the remnants of her recent past

Are scattered in the wild wind

ここしばらくの彼女の面影のすべては

 強風に撒き散らされていた

 

She walks across the marble floor

Where a voice from the gambling room is callin’ her to come on in

彼女は大理石の床を歩いて渡る

賭博場から入ってきなよと声をかける場所で

 

She smiles, walks the other way

彼女は微笑み

反対方向へ歩く

 

As the last ship sails and the moon fades away

From Black Diamond Bay

最後の船が出港して月が隠れるにつれて

黒いダイヤの入り江から

 

 

As the mornin’ light breaks open, the Greek comes down

And he asks for a rope and a pen that will write

朝の光がこじ開けるにつれてギリシャ人が降りてくる

そして彼はロープと使えるペンを貸してくれという

 

“Pardon, monsieur,” the desk clerk says

Carefully removes his fez

“Am I hearin’ you right?”

「お客様、すみませんが」とフロント係がいう

丁寧にトルコ帽を取って

「聞き取れないのですが」

 

And as the yellow fog is liftin’

The Greek is quickly headin’ for the second floor

そして黄色い霧が降りるにつれて

ギリシャ人はすぐに二階へ向かう

 

She passes him on the spiral staircase

Thinkin’ he’s the Soviet Ambassador

彼女は螺旋階段で彼とすれ違い

ソビエト大使では、と考える

 

She starts to speak, but he walks away

彼女は話しかけるが彼は歩き去ってしまう

 

As the storm clouds rise and the palm branches sway

On Black Diamond Bay

嵐雲が立ち込めてヤシの枝が揺れる

黒いダイヤの入り江で

 

 

A soldier sits beneath the fan

Doin’ business with a tiny man who sells him a ring

下士官が送風機の下に座り

指輪を販売する男と取引をしている

 

Lightning strikes, the lights blow out

The desk clerk wakes and begins to shout

“Can you see anything?”

稲妻が鳴って電気が止まる

フロント係が目を覚まし叫びだす

「何があった?」

 

Then the Greek appears on the second floor

In his bare feet with a rope around his neck

その時ギリシャ人が二階のフロアに現れる

裸足で首にロープを巻きつけて

 

While a loser in the gambling room lights up a candle

Says, “Open up another deck”

一方で賭博場の負け犬はロウソクに火を灯し

彼はいう「別のトランプを用意しろ」

 

But the dealer says, “Attendez-vous, s’il vous plait”

だがディーラーはいう「どうかお待ち下さい」

 

As the rain beats down and the cranes fly away

From Black Diamond Bay

雨が叩きつけて鶴が飛び去っていく

黒いダイヤの入り江から

 

 

The desk clerk heard the woman laugh

As he looked around the aftermath and the soldier got tough

フロント係が女の笑い声を聞いた

彼が影響を見回っている時に

そして下士官は断固たる態度で臨む

 

He tried to grab the woman’s hand

Said, “Here’s a ring, it cost a grand”

She said, “That ain’t enough”

彼は女の手を握ろうとして

語った「指輪だよ。すごく高かったんだ。」

彼女はいった「それじゃ足りない。」

 

Then she ran upstairs to pack her bags

While a horse-drawn taxi waited at the curb

それから彼女は階段を駆け上りバッグに荷物を詰める

馬車が縁石で待機している間

 

She passed the door that the Greek had locked

Where a handwritten sign read, “Do Not Disturb”

彼女はギリシャ人が鍵をかけているドアを通り過ぎた

手書きで「起こさないで」と読める張り紙のドア

 

She knocked upon it anyway

彼女はとにかくノックした

 

As the sun went down and the music did play

On Black Diamond Bay

日が沈み音楽が鳴り響いた

黒いダイヤの入り江で

 

 

“I’ve got to talk to someone quick!”

But the Greek said, “Go away,” and he kicked the chair to the floor

 「早く誰かに伝えなきゃならないんです」

だがギリシャ人はいった「消えうせろ」

そして彼は床にあるイスを蹴った

 

He hung there from the chandelier

She cried, “Help, there’s danger near

Please open up the door!”

彼はシャンデリアで首を吊った

彼女は叫んだ「助けて、ここは危険なんです。

どうかドアを開けて!」

 

Then the volcano erupted

And the lava flowed down from the mountain high above

その時に火山が噴火し

そして山の山頂から溶岩が流れ降りてきた

 

 

The soldier and the tiny man were crouched in the corner

Thinking of forbidden love

下士官と小男は隅でうずくまり

許されざる愛について考えている

 

But the desk clerk said, “It happens every day”

だがフロント係はいった

「いつものことですよ」

 

As the stars fell down and the fields burned away

On Black Diamond Bay

星が落ちて野原は燃え続けながら

黒いダイヤの入り江で

 

 

As the island slowly sank

The loser finally broke the bank in the gambling room

島がゆっくりと沈み出すと

賭博場ではとうとう負け犬が親の点棒をかっさらった

 

The dealer said, “It’s too late now

You can take your money, but I don’t know how

You’ll spend it in the tomb”

ディーラーはいった「もはや遅すぎましたね。

金はお支払いしますよ。でも墓の中でどうやって使うんですか。」

 

The tiny man bit the soldier’s ear

As the floor caved in and the boiler in the basement blew

小男が下士官の耳を噛んだ

床が崩れて地下のボイラーが破裂した

 

While she’s out on the balcony, where a stranger tells her

“My darling, je vous aime beaucoup”

彼女はバルコニーに出ている間に

そこで見知らぬやつが彼女に話しかける

「あなたを愛しています」

 

She sheds a tear and then begins to pray

彼女は涙を流して祈り始める

 

As the fire burns on and the smoke drifts away

From Black Diamond Bay

炎が燃えて煙が流れゆくにつれて

黒いダイヤの入り江から

 

 

I was sittin’ home alone one night in L.A.

Watchin’ old Cronkite on the seven o’clock news

ある夜に私はロサンゼルスの自宅にひとりでいて

7時のニュースで年をとったクロンカイト氏を見ていた

*Cronkite...Walter Cronkite、アメリカのジャーナリストで1962-81年の間CBSニュースのメインキャスターだった人物

 

It seems there was an earthquake that

Left nothin’ but a Panama hat

And a pair of old Greek shoes

地震があったようです

残されたものはパナマ・ハットだけ

そしてくすんだギリシャ製の靴

 

Didn’t seem like much was happenin’,

So I turned it off and went to grab another beer

たいしたことないみたいだなと思い

それで私はテレビを消しビールをもう一本取りにいった

 

Seems like every time you turn around

There’s another hard-luck story that you’re gonna hear

向きを変えるたびに別の不運なストーリーを耳にするようだ

 

And there’s really nothin’ anyone can say

そして誰にも本当になんにもいえることなんてない

 

And I never did plan to go anyway

To Black Diamond Bay

それからどっちみち私は行ってみようと思ったことはないのだ

黒いダイヤの入り江に

 

Written by: Bob Dylan and Jacques Levy

参考:ボブ・ディラン全詩302篇