Idiot Wind / 愚かな風

Blood on the Tracks

f:id:bettychang:20190803030226j:plain

 

Someone’s got it in for me, they’re planting stories in the press

だれかが私に悪意を抱く

彼らはマスコミに筋書きを仕込んでいる

 

Whoever it is I wish they’d cut it out but when they will I can only guess

それが誰であろうとカットして欲しい

だが私は推測しかできないだろう

 

They say I shot a man named Gray and took his wife to Italy

彼らがいうことに私はグレイという男を撃ち

そして彼の妻を奪ってイタリアへいった

 

She inherited a million bucks and when she died it came to me

彼女は100万ドルの遺産を相続して死後それは私のものになった

 

I can’t help it if I’m lucky

もし私が幸運ならそうするしかない

 

People see me all the time and they just can’t remember how to act

人々はいつも私に会うとどのように振る舞ったら良いのか全く思いだせず

 

Their minds are filled with big ideas, images and distorted facts

彼らの思考は尊大な意図で満たされる

イメージと歪曲された事実

 

Even you, yesterday you had to ask me where it was at

あなたでさえも

昨日私に本心はどこなのかと思わず尋ねてしまった

 

I couldn’t believe after all these years, you didn’t know me better than that

Sweet lady

いまさらながら信じられなかった

きみが私のことをあの見栄えのいい女よりもわかっていなかったことに

 

Idiot wind, blowing every time you move your mouth

愚かな風が

きみが口を動かすたびに吹いている

 

Blowing down the backroads headin’ south

南へと続く脇道へ吹きつける

 

Idiot wind, blowing every time you move your teeth

愚かな風が

きみが歯を動かすたびに吹いている

 

You’re an idiot, babe

きみは愚かだ

 

It’s a wonder that you still know how to breathe

呼吸の仕方を知っているだけで驚きだよ

 

 

I ran into the fortune-teller, who said beware of lightning that might strike

私は占い師のところへ駆け寄る

雷が襲うかもしれない

気をつけなさいとその人はいった

 

I haven’t known peace and quiet for so long I can’t remember what it’s like

私はあまりに長く安らぎと平穏を知らなかったので

それがどのようなものか思いだせない

 

There’s a lone soldier on the cross, smoke pourin’ out of a boxcar door

孤立した兵士が十字路にいて

有蓋貨車から煙が流れ出ている

 

You didn’t know it, you didn’t think it could be done, in the final end he won the wars

あなたは知らなかった

そんなことがなされるとは考えてなかった

最終的に彼がその戦争に勝利した中で

 

After losin’ every battle

どの戦場でも敗北した後に

 

I woke up on the roadside, daydreamin’ ’bout the way things sometimes are

私は道端で目を覚まし

白日夢を見る

時に物事はどのように至るのか

 

Visions of your chestnut mare shoot through my head and are makin’ me see stars

きみの栗毛の雌馬の幻が私の頭を突き抜ける

そして私に星々を見せる

 

You hurt the ones that I love best and cover up the truth with lies

きみは私が最も愛する人々を傷つけて

そして真実を嘘で覆い隠す

 

One day you’ll be in the ditch, flies buzzin’ around your eyes

ある日あなたはドブに落ちるだろう

きみの目の周りをハエがたかり

 

Blood on your saddle

きみのサドルに血が付く

 

Idiot wind, blowing through the flowers on your tomb

愚かな風が

きみの墓の花々に吹いている

 

Blowing through the curtains in your room

きみの部屋のカーテンに吹きつける

 

Idiot wind, blowing every time you move your teeth

愚かな風が

きみが歯を動かすたびに吹いている

 

You’re an idiot, babe

きみは愚かだ

 

It’s a wonder that you still know how to breathe

息の仕方がわかるだけでも驚きだ

 

 

It was gravity which pulled us down and destiny which broke us apart

私たちを引き下ろしたものは重力であり分裂させたものは運命だ

 

You tamed the lion in my cage but it just wasn’t enough to change my heart

きみは私の檻の中のライオンを飼いならしたが心を変えるほどには少し足りなかった

 

Now everything’s a little upside down, as a matter of fact the wheels have stopped

今やすべては少しばかり逆さまで実際のところ車輪は止まっていて

 

What’s good is bad, what’s bad is good, you’ll find out when you reach the top

善は悪であり、不快なものは都合が良く

きみが頂上にとどけば気がつくだろう

 

You’re on the bottom

底にいることに

 

I noticed at the ceremony, your corrupt ways had finally made you blind

式典で気がついた

きみの邪悪な手段がついにはきみを盲目にしたのだと

 

I can’t remember your face anymore, your mouth has changed, your eyes don’t look into mine

もはやきみの顔を思いだせない

きみの口は変わってしまい、きみの目は私の目を覗き込みはしない

 

The priest wore black on the seventh day and sat stone-faced while the

building burned

司祭は7日目に黒い服を着てビルが燃えているその間に石のように無表情に座っていた

 

I waited for you on the running boards, near the cypress trees, while the

springtime turned

歩み板できみを待っていた

落羽松のそばで、春季が向きを変える間

 

Slowly into Autumn

ゆっくりと秋の中へと

 

Idiot wind, blowing like a circle around my skull

愚かな風が

私の頭蓋骨の周りを回るように吹いている

 

From the Grand Coulee Dam to the Capitol

グランドクーリーダムから国会議事堂まで

 

Idiot wind, blowing every time you move your teeth

愚かな風が

きみが歯を動かすたびに吹いている

 

You’re an idiot, babe

きみは愚かだな

 

It’s a wonder that you still know how to breathe

呼吸の仕方を知っているだけで驚くべきことだ

 

 

I can’t feel you anymore, I can’t even touch the books you’ve read

もはやきみにはなにも感じられない

きみが読んだ本に触ることさえできない

 

Every time I crawl past your door, I been wishin’ I was somebody else instead

きみのドアを這って通り過ぎる時にいつでも

私は自分が他の誰かだったらと望んでいた

 

Down the highway, down the tracks, down the road to ecstasy

ハイウェイを下り、小道を降り

恍惚へと続く道をゆき

 

I followed you beneath the stars, hounded by your memory

私はきみの真下の星々についていった

きみの記憶に追い回されて

 

And all your ragin’ glory

そしてきみの荒れ狂うすべての栄光に責め立てられて

 

I been double-crossed now for the very last time and now I’m finally free

今、私はついには裏切られ

そして今や私はようやく自由となり

 

I kissed goodbye the howling beast on the borderline which separated you from me

私ときみを隔てる国境線で吠えたてる獣にさよならのキスをして

 

You’ll never know the hurt I suffered nor the pain I rise above

決して知ることはないだろう

私が感じた痛みも苦しみも

 

And I’ll never know the same about you, your holiness or your kind of love

そしてきみはそうじゃないだろう

きみの神聖さや愛の種類は

 

And it makes me feel so sorry

そしてそのことを申し訳なく思う

 

Idiot wind, blowing through the buttons of our coats

愚かな風が

私たちのコートのボタンに吹きつける

 

Blowing through the letters that we wrote

私たちが書いた手紙に吹きつける

 

Idiot wind, blowing through the dust upon our shelves

愚かな風が

私たちの書架の上の埃に吹きつける

 

We’re idiots, babe

私たちは愚かだ

 

It’s a wonder we can even feed ourselves

餌を食えるだけでも驚きだよ

 

参考:ボブ・ディラン全詩302篇