死者の個人情報についての話題

b.hatena.ne.jp

共同通信社大阪社会部 on Twitter: "京都アニメーションの事件でお亡くなりになった方のご家族や親友の皆様へー共同通信社大阪社会部 https://t.co/HiFkmy4q8w"

一私企業が利潤を得るために行っている人権の侵害を、こうして公益のように偽装するのは最低。

2019/08/02 19:29

b.hatena.ne.jp

共同通信社大阪社会部 on Twitter: "京都アニメーションの事件でお亡くなりになった方のご家族や親友の皆様へー共同通信社大阪社会部 https://t.co/HiFkmy4q8w"

無理やり取材するんじゃなくて募集してるんだから別にいいんじゃないの。ネットの人たちのマスコミ叩き本当に辟易する。

2019/08/02 22:17

b.hatena.ne.jp

なんか割れているようで興味をもったのですが。

人権侵害ってどういうことなんだろう。募集しているだけなら問題ないのでは。

いや遺族の方はまあわかるが、親友の方というあたりなのか。

例えば親友の方がメディアに公開した個人情報について遺族の方が否定的だったら。そういった了解は得た上で報道されるのか否か。コメの人権侵害というのはその辺にかかる話なのか。それとも普段の行いの話なのか。後者っぽいけど。

そもそも生きている人の氏名なんかも事件により容疑者段階で出たり出なかったりだし。全部メディアのさじ加減みたいのはどうなんだろう。そういうのって権利とはいえないのでは。

 

 

b.hatena.ne.jp

京アニの木上益治というアニメーター - Togetter

色々あるとは思うんだが、基本亡くなった方は個人として追悼されれるべきだと思うので、やはり氏名は明らかになった方がいいと思う。そういえばこの議論は別の文脈で相模原事件の時もあったな。

2019/08/03 06:37

b.hatena.ne.jp

 

うーん。気持ち的にはわかる。けど、被害者の氏名について追悼されるべきケースだけ公開という線引きは運用的に不可能だし、ようするにルールが必要なんでしょうね。法。

個人的にはでも、被害者の方の氏名公開はそれ自体にそんなに問題があるとは思えないんだけど。

というよりはそれによるメディアの振る舞い(例えば押しかけ取材とか)に問題があるのではという気もしていますが、じゃあ公開自体の問題じゃなくてメディアがクソってだけの話かというと、どうなんだろう。そもそも死者自体にもプライバシー的権利はあるんだろうか。あるいは被害者の遺族として世間に周知されてしまうこと自体はどうなのか。関係者の意思次第でケースバイケースなのか、都度個別に確認をとるのか無視なのか。意識の高い記者やメディアは配慮して数字だけ取れればどうでもいいところは知ったことかなのか。

 

結局は報道における個人情報取り扱いの話なのか。容疑者であれ被害者であれ。ルールが必要なのでは。よくわからないけど今回はありとかなしとか、そういうのは違う気がするな。

 

死者の個人情報

 

www.tuchiya-law.com

死者の情報を遺族が見る行為については,既に保護対象となる権利者本人が存在しないため,法律的にはこの行為が死者本人のプライバシーの侵害となることはありません。

 そうなんだ。死人に口なしどころかプライバシーもなかったとは知りませんでした。

 

 

個人情報保護法においても保護の対象は「生存する個人」に関する情報とされているため,死者の個人情報は,同法によって保護される個人情報にはあたらないこととなります

 ふーむ。

 

では,こうした死者の個人情報・プライバシーについては法律上何ら保護されていないかというと,虚偽の事実を示して行われた場合に限られますが,死者に対しても名誉棄損罪は成立するため(刑法230条2項) ,ご遺族の告訴によって名誉棄損罪が成立する余地はあります。

 

虚偽の事実の場合は遺族が訴えることは可能と。

なるほど。

 

結局でも、報道のルールみたいのが法的にいるのではという感じですか。それが守られるべき権利であれば例外はあっていいとしても基本原則というか、だれであれね。よくわかんないけど、どっかの報道関係の人々のさじ加減で侵害されたりされなかったりする程度のものは人権とか権利じゃない気がするな。