感想の感想をいうことの危険性

anond.hatelabo.jp

ちょっと面白い話だなと思って書いてるんですけど。

ただ引用しておいてなんですが、あんまり関係ない話です。まったく関係なくはないけど。

例えば映画とかアニメとか見ると誰でも作品の感想っていいますよね。発言しなくても誰でも思うことはある。なんにも思わなかったら作品として失敗だと思うし。

 

それで、否定的な意見の取り扱いって非常に難しいですよね。

それこそクリエイターの方なんかもtwitterとかで繋がってるから見るかもしれないし、作者がみなくても、その作品を気に入っているフォロワーの方を嫌な気持ちにさせる可能性があって、だから基本は「嫌いなものでなく好きなもので語れよ」って流れになるのは非常にわかる。

でも一方でこれはクソだったという作品を見た時の感情はどうするの。

耐える。忘れる。ノートに書く。非公開ブログに書く。別垢で貶す。

まあそういうやり方もある。

あるいは、否定的な意見こそ意味があるという意思を持って通常運用のアカウントで普通に罵倒するかもしれない。

罵倒。まあ批評とか感想とかいろいろ言い方はあるけど、別に大差ないと私は思うんですよね。

だって否定的なものに対する言葉なんだからどうしても負の方向によってしまうと思うし。

所詮は言葉の選択肢の幅だったりその人のセンスの問題であり、大差ない気がする。

ちなみに、私は批評と感想って別に違いないと思うんですけどね。結局高度な分析であっても感想は感想であり作品には永遠にならない。

たぶん文章に役割が発生すると批評とかいうのかな。例えば雑誌に載せる文だとか。職業としての評論家みたいな人の文だったり。技巧の問題でいえば個人ブログでもすごい文書く人たくさんいるし。

 

それで、作品の感想をいうのは全然いいんですけど、感想に対する感想をいうのって、あれかなり際どいと思うんですよ。

なんでかというと、感想というのはそもそも作品に対する個人の感覚を文章とか言葉で表したものなので、それをさらに評するというのは、実質人間を評することになってしまうんじゃないかな。

これもやはり肯定的な場合は取扱いに問題はないんですよね。

基本、肯定は無害。

でも否定的なもの。これがかなり危険。

なんでかというと、作品の感想というのはどれだけ積み上げられて工夫された文章であってもその本体は所詮ただの人間の感情でしかなくて、それ自体が作品にはなりえないものなので、例えば否定的な意見ってのはなんでも要するに「つまんない、好きじゃない」っていってるだけなんですが、それに対してさらに誰かが意見を言うと、その「つまんないと思った人の感情」を否定することになってしまう。

だから感想の感想をいってしまうと個人否定になってしまう。

私はそうは思わない、ここはこのシーンにはこういう意味があって、だからこれこれこういう解釈なんですよといったところで、別に意味ないんですよね。だってそういう解釈をしなかったことも含めてその人の感想なんだから。

たとえばその感想の感想の中で侮辱的な言葉を使ったとしても、いや私の否定意見は正しいので謝罪する必要もないし、ましてやヘイトではない。これは必要な意見だった。

そういったところでね、そもそも正しさは関係ないんですよ。

だって、その人の感想はそうだったんだから。本来はそれで終わり。

でも感想の感想というのは個人の感情への感想だからちょっと違うと思うんですよ。つまりそれが否定的なものであれば、それはどれだけ気を使ったとしてもね、そもそもそういった個人攻撃的な性質を内包してしまうものなんではないのかなと。

まあつまり、だからやめておけという話なんですが、でもまあ、あんまりガチガチしたのも息苦しいなというのが個人的感覚なので私的にはルールがあって、相手に直接届かないものであればまあありかなと。

つまりはてぶはセーフ。

ツイッターのリプはアウト。

ブログはセーフ。といっても露骨な侮蔑的言葉はそもそもアウトですけどね。

でも言葉というのは日々変化するし生まれるし死ぬ生き物なので、明確な線引きがあるわけでもなくつけようもない。だからまあ結局はケースバイケースなのかな。だから感想の感想ってのは基本やめたほうがいい。でも社会的問題を含むものならありか。公共性がどこまであるのかという話かもしれないけど。まあそれがなくても、自らあえて覗きにいかないと気づかないものなら、感想の感想もいいんじゃないかな。

要はやめた会社でどういわれてようとも別れた相手にどう罵倒されていようと、おれには聞こえないから結局のところは知ったことじゃないって話です。