国連の温暖化対策サミットの話題

www3.nhk.or.jp

 

国連の温暖化対策サミット。地球温暖化対策を訴えて若者の運動が世界に広がるきっかけとなり、学校を休んで活動を続けているスウェーデンの16歳の活動家、グレタ・トゥーンベリさんが各国の代表を前に演説しました。

 

30年以上にわたり、科学が示す事実は極めて明確でした。なのに、あなた方は、事実から目を背け続け、必要な政策や解決策が見えてすらいないのに、この場所に来て「十分にやってきた」と言えるのでしょうか。

 

まあ専門的なことはよくわからないんだけど、いろいろドキュメンタリー番組とか見ると、そういう話なんだろうなとは思っている。

 

グレタさん演説全文 「裏切るなら絶対に許さない」涙の訴え | NHKニュース

僕は悪人なので、それでも僕が便利に生きる方を選びます。どんだけ許されなくてもいいよ/言い換えると、それじゃ僕は今日からCO2削減に向けて何かアクション取れるかというと絶対取れないと思うので。

2019/09/24 11:26

b.hatena.ne.jp

 

このブコメに星が40くらいついてるのが興味深かった。

でも別に悪人でもなんでもないと思うけど。

自分が生まれる前や生まれてから後もだが、そもそも個人でコントロール不可能な社会的仕組みや事象に対して卑下する必要はないし、なにもできなからといって悪人ぶっても特に意味はない。ただ自分や家族のために生きることはむしろ存在として敬意に値すると私は思う。

ただね、これはそもそもバグなんですよ。

つまり個人が、家族が、あるいは会社が、国家が、自分の属する集団がより良い生活をおくるために行う努力や工夫が、地球環境というさらにでかい生活の土台を脅かすことになってしまう。いわば、そういうバグですよね。

そこの認識が一番大事なんじゃないのかな。

だから悪でもなんでもないし個人がなにもできなくてもそもそもしょうがないのでは。資本主義のバグだから。個人が頑張るほどにバグはでるわけ。

私は私の利益が大事。妻や子供の生活が大事。エアコンが大事。車が大事。会社の株が大事。私が属する国家の経済成長が大事。

それは全然悪ではないの。むしろずっとそうやってきたわけでしょ、みんな。全然悪いことでもないし、なにもできなくても気にすることはない。

そもそもどっかの環境意識の高い人が今日から二酸化炭素の排出を一切やめた生活に切り替えたところで意味ないでしょう。ひとりの影響力なんて地球規模ではなんの意味もないんだから。気持ちは満足するかもしれないけど、そういうのは全く問題解決とはいわない。

 

じゃあ例えば、人は誰でも働いたり物を消費すると税金払うでしょう。

あれは金を取られるわけだから個人の利害に反していますよね。

でもじゃあ国を潰しますか。テロリズム

そうじゃなくて、私たちが属している国という個人や家族よりも大きな集団の利益が回り回って私やあなたの利益になるんですと。

そういう制度でしょ。

だからみんなしょうがなく税を払う。細かい妥当性はよくわからないが。

温暖化の話も、たぶんそういった視点が大事なのではないかなと個人的に思うんだけど。私にとって不都合なことは誰でもやりたくないし、進んでやる必要もないし、それは別に悪じゃない。

地球の未来のためとか、かけがえのない地球とかスケールのでかい漠然としたことをいってもクソの役にも立たなかったし、大気中の二酸化炭素の割合が重要なのはいうまでもなく人間という生物が生存に適している環境を維持するためで、それだけでしょう。

地球自体は大気が窒素とかメタンだろうが磁場が消滅しようが生物が住んでようがいまいが、金星みたいな灼熱の地だろうがどうでもいい。惑星は意思を持たない。当たり前の話だし星の無意味な擬人化は害悪ですらあったと思う。

だから、よりおおきな集団のために必要なことを、国や企業や個人に強制的に負担させる具体的な制度が必要なんだと思う。税金のように。

でもたぶん国家っていう枠組み自体と矛盾しているから難しいんでしょうね。

絶滅しかないという気もするが、まあ諦めるのもまだはやいかもしれないな。

 

グレタさん演説全文 「裏切るなら絶対に許さない」涙の訴え | NHKニュース

ゆで上がる前に寿命を全うするカエルに、言葉は届くんだろうか。

2019/09/24 11:10

b.hatena.ne.jp