Oliver’s Army / オリバーズ・アーミー

Armed Forces

f:id:bettychang:20190930153310j:plain


Don't start that talking

その話題はやめてくれ

 

I could talk all night

一晩中しゃべり続けるかも

 

My mind goes sleepwalking

ぼくの心は夢遊病

 

While I'm putting the world to right

世界を正してる間中は

 

Call careers information

職業相談所に電話しろ

 

Have you got yourself an occupation?

進駐軍へのご登録はされましたか?

 

Oliver's army is here to stay

オリバーズ・アーミー

駐留中

 

Oliver's army are on their way

オリバーズ・アーミー

進軍中

 

And I would rather be anywhere else

どこだってよそのほうがまし

 

But here today

でも今日ここにいる

 

 

There was a Checkpoint Charlie

チャーリーの検問所があって

 

He didn't crack a smile

彼はにこりともせずに

 

But it's no laughing party

だけど笑顔のパーティーなんてないよ

 

When you've been on the murder mile

きみが人殺しのレースにいるときは

 

Only takes one itchy trigger

ウズウズする引き金を一度引くだけで

 

One more widow, one less white nigger

寡婦がひとり増えて

ホワイトニガーがひとり減る

*white nigger...アイルランド人の蔑称

 

Oliver's army is here to stay

オリバーズ・アーミー

駐留中

 

Oliver's army are on their way

オリバーズ・アーミー

進軍中

 

And I would rather be anywhere else

どこだってよそのほうがまし

 

Than here today

今ここよりは

 

Hong Kong is up for grabs

香港は手に入りそうだ

 

London is full of Arabs

ロンドンはアラブ人だらけ

 

We could be in Palestine

我々はパレスチナにいるかもしれない

 

Overrun by the Chinese line

中国の国境線を行き過ぎる

 

With the boys from the Mersey and the Thames and the Tyne

マージーとテムズとタインからやってきた少年たちと共に

 

But there's no danger

だけど危険はありません

 

It's a professional career

我々は専門家ですから

 

Though it could be arranged

それがたとえ綺麗に盛りつけられたものであれ

 

With just a word in Mr. Churchill's ear

チャーチルの耳に入れるただの言葉だとして

 

If you're out of luck or out of work

もしきみに運がなく

あるいは職がなければ

 

We could send you to Johannesburg

我々はきみをヨハネスブルクへ送り出すこともあり得るのだ

 

Oliver's army is here to stay

オリバーズ・アーミー

駐留中

 

Oliver's army are on their way

オリバーズ・アーミー

進軍中

 

And I would rather be anywhere else

どこだってここよりまし

 

But here today

でも今日ここにいる

 

And I would rather be anywhere else

どこだってここよりはまし

 

But here today

だけど今日ここにいる

 

And I would rather be anywhere else

どこだってここよりはまし

 

But here today

だけど今日ここにいる

 

  

 

en.wikipedia.org

 

背景

コステロは1970年代に北アイルランドで起きたトラブルについてのコメントとして「オリバーズ・アーミー」を書きました。彼がこの曲を書くきっかけとなったのは、彼が旅行中にベルファストの街をパトロールしているイギリス人将校を見たことがきっかけだったという[1]。彼らはもはや夕方のニュースだけではなかった。これらのスナップショットの経験は、世界中の傭兵や帝国軍のビジョンへと爆発的に発展していった。2][3] コステロの家族は北アイルランド紛争にルーツを持ち、父親のロス・マクマナス(Ross McManus)は「オリバーズ・アーミー(Oliver's Army)は僕にとって重要な曲だ...」と振り返っている。4] コステロのアイルランド人の祖父であるパット・マクマナス(Pat McManus)は、第一次世界大戦やイースター・ライジングでイギリス軍に従軍していました[1][5]。

サウンド・オン・サウンド(Sound on Sound)によると、タイトルの「オリバー」はイギリスの国会議員のリーダー、オリバー・クロムウェル(Oliver Cromwell, 1599-1658)を指している[6][7]。 北アイルランドのトラブルに加え、この曲は香港、パレスチナ、南アフリカでの「帝国主義」の紛争にも言及している[6]。 しかし、コステロは後にこの曲が包括的な政治的な作品になることを意図したものではないと説明し、「首尾一貫した政治的な議論のように読めるとは思われていなかった」と語っている[1]。それはポップ・ミュージックだった」[1] 彼はまた、オープニングの歌詞が「このような複雑なテーマについて書こうとすることの不条理さを主張している」と指摘している[1]。

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)