市民のあらゆる権利が制限された香港の話題

mainichi.jp

 

政府が市民のあらゆる権利を制限できる「緊急状況規則条例」(緊急法)を発動すると報じた。

 

同法に基づき、まずはデモ隊が顔を隠すことを禁じる「覆面禁止条例」を即日施行する見通し。

 

市民のあらゆる権利制限「緊急法」発動へ 香港政府 「1国2制度」最大の危機 - 毎日新聞

「マスクで隠すの禁止」とか、一見小さすぎてアホくさいんだけど、そんなことを法で禁止すること自体に、ありあまる怖さがある。権力の怖さをまざまざと見せつけられる。権力は暴力装置

2019/10/04 19:04

b.hatena.ne.jp

 

緊急法の発動は、1997年の中国返還後、今回が初めて。香港の「1国2制度」はかつてない危機に直面し、民主派は「独裁だ」と強く反発している。

 

 

市民のあらゆる権利制限「緊急法」発動へ 香港政府 「1国2制度」最大の危機 - 毎日新聞

こんな条例があるんじゃ、結局、一国二制度と言っても表向きのことだけだったってことかな。中共の意向に逆らえない国際情勢に置かれれば、台湾や日本もやられるんかな

2019/10/04 19:21

b.hatena.ne.jp

そういう話かも。日本もわからんというのは話が飛躍しすぎな気はするが。一応仮にも独立国家だから。戦って勝てるとも思えないが。そういう話じゃないか。

 

www3.nhk.or.jp

集まった人たちは、中心部の大通りを「マスクをつけても無罪だ。人権を返せ」とか、「一刻も早く警察を解散しろ」などと声を上げながら、行進

いやもうマスクどころの話ではないのでは。

好きに法を制定できるんでしょ。それはもうどうしようもない。

 

まあそうだよな。マスクは銃の試し打ちみたいなもんでは。ジャブでしょ。

 

 

ja.wikipedia.org

 

人口は13億8千万人以上であり、世界一人口が多い国である。

だって人口13億だぜ。誰が止めれる。

 

1978年における改革開放の導入以来、外資流入の勢いが増してゆき、産業構造が政策から転換して、中国は世界で最も成長率が高い主要経済大国の1つになった(#経済)。ソ連の純粋な社会主義体制と距離をとり、「経済面は有限な資本主義、政治面は一党制を守る」のような国家形態に変更したのである(中国特色社会主義)。

 

 

まあそうでしょうね。

ネット規制すればこれはもう積むな。

情報を遮断すれば国際世論も関係なくなるし、つまりそれを知りえなければ誰もなにも考える必要もなくなるか。どっちの味方なんだお前は。

いやそれはまあ、心情的には当然香港の人々だけど。

しかし、ちょっと冷たいようだが、そもそも国が違うから難しい。国が違うっていうのはつまりあらゆるルールが違うってことだし。そして香港というのは結局中国なんでしょ。特別行政区であっても。違うの?わかんねえ。

じゃあ、この緊急法というのはいわばこういう時のために作っておいたわけでしょう。完全にこういう時の布石ですよね。外国から何かできることがあるのだろうか。

香港加油っていうのは別に簡単なんだけど、実際に外国がなにかをすればそれは内政干渉になるのではという気がする。どうなんだろう。

つまりこれは歴史的経緯や一国二制度だったりはあっても結局は中国の国内問題なのだろうか。違うのか。その辺全然わからない。

 

www.bbc.com

 

読んでもわかったようなわからんような。読まないよりはわかるけど。

例えば一国二制度、これは中国とイギリスとの間の合意だと思うんだが、それらで保証されている権利が守られていないとして、現実問題だれが困る?

それはもちろん香港の人々だけど、でもつまり国としてね。

だって合意したのはイギリスと中国だと。イギリスもう関係ないでしょ。守られようが、破られようが。

それで、どれだけ香港の人々に自治権が現状あるのか。それは詳細は全然知らないけど、現実のニュースを見ればわかる話で。

そして香港は中国なのか。違うのか。これらはただのデモなのか内戦なのか紛争なのか戦争なのか、正直全然わからん。

心は香港人だと。それも調べればわかる。でも中国という国からすると領土だし、結局国内問題になってしまうのだろうか。

 

一国二制度[編集]

1997年イギリス統治から返還された香港1999年ポルトガル統治から返還されたマカオは、一国二制度(一国両制)の下、特別行政区として高度な自治権を有する。香港基本法により、高度な自治、独自の行政、経済および法制度を持ち、本土の法律は一部を除いて適用されない。間接選挙であるが、行政長官選挙が行われ、立法会では一部議員を直接選挙で選出している。さらに、参加資格を主権国家に限定していない国際組織への加盟や国際会議への参加も可能である。-wikiより

 

特別行政区。わからん。高度な自治権がある。でも全然ないよね。見た感じ。いや、市民の自由や権利や民主主義がないという話と制度的な独立性があるというのは建前上は違うか。じゃなければ緊急法なんて通るわけないのでは。

 

香港政府トップの行政長官は現在、1200人からなる選挙委員会で選出される。この人数は有権者の6%に過ぎず、その構成はもっぱら中国政府寄りだ。

立法会の70議員全員が香港の有権者に直接選ばれているというわけではない。議席の大部分は、親中派の議員が占めている。

全然だめでは。

立法が仕切られているのに、そりゃあ自治もないよな。

つまり自治権というのが例え傀儡政権的であってもそれは自治なのか。そっか。

 

結局「祖国か死か」みたいな話になってしまうのかな。思想的には逆かもしれないが根本的な思いは同じかもしれない。

香港の人々が自分は中国人ではないというのであれば、行き着くところはそうなのか。

でも彼らはデモはしているけど革命家でもゲリラでもなく、ただの民衆でしょう。そもそも勝ち目、というか戦いにすらならない気がする。内戦にすらならないだろうし、ただの暴徒鎮圧なのかこれは。いや中国側の視点からするとだが。

 

 

市民のあらゆる権利制限「緊急法」発動へ 香港政府 「1国2制度」最大の危機 - 毎日新聞

「市民のあらゆる権利を制限できる法律」って凄いな。何でもありすぎて恐ろしすぎる。飼い慣らされた本土は支持するだろうし、海外は直接行動は何もできない。絶望感が強くなる。

2019/10/04 17:50

b.hatena.ne.jp

 

当然香港の人々には同情するんだが、冷静に考えればそもそもが発足から水と油という話なのかな。そんな気もしないでもない。

 

市民のあらゆる権利制限「緊急法」発動へ 香港政府 「1国2制度」最大の危機 - 毎日新聞

中国爆撃した方がいいんじゃね?

2019/10/04 17:40

b.hatena.ne.jp

 

さすがにまずいだろ。広すぎるし。

でも結構核心をついてるのでは。つまり誰も同情したからといって戦争してでも止めるつもりはないし。

誰も巻き添えは食いたくはないし、じゃあ国際世論的にまずいことがあったら、国連とかよく知らないけどどうする。別にそんなの知り得なければいいわけでしょ。情報を遮断すれば簡単なのでは。だって市民はあらゆる権利を制限されているわけでしょう。打つ手はないのでは。

 

もしかしたらデモ、ちょっと考えた方がいいフェーズなのではという気はする。

「死ぬよりは」ましなのでは。

私は想像力で世界中に自由や平和が訪れるとも全く思わないし、世界を支配しているのは利権でしょ。国家という枠組みがあって利害関係があれば当然衝突はあるだろうし、だから特別行政区なんて弱い立場で制度上もすでに手を回されていれば、それはもうなおさらなのでは。意思を貫いて死ぬよりかはまず生きて可能性を探して欲しいと思うが。

いや状況的には決して大げさな話ではない気はするけどどうなんだろう。

つまりデモというものが前向きな解決策に向かうものであればそれは手段としていいけれど、そもそも立法の支配とか緊急法とか、そういう独立性を認めるようなスタンスが知り得る情報からまったく見えないし、相手はあまりにも巨大すぎる。

もしかしたらここは立ち止まるところではないのか。

 

香港、緊急条例でマスク禁止へ | NHKニュース

市民の行動を縛り付ける緊急条例って、独裁国家以外の何物でもないじゃん。中国恐ろし過ぎる

2019/10/04 16:35

b.hatena.ne.jp

実際そうだから中傷にならない気もするが、たしかにすごい話だ。日本からすると。

 

仮にこれからネットも報道も遮断されて復活したあとに、平和的にことは解決したように見えて実は香港の人々がみんな入れ替わっていても誰か気がつくんだろうか。

革命軍の残党が、生き残りが真実の歴史を伝えるかもしれないな。

民主主義のない国というのは政府が自由だからどんなことも起こり得るかもしれないし、それだけの圧倒的力はある。

デモはどちらかというと支持していたが、ここにきて違うのかな。じゃあ他にどんな手段があるかはわからないが。今日はそんなことを思いました。

 

追記:

www.sankei.com

 

togetter.com