献血コラボ再びの話題

宇崎ちゃんに続く献血コラボ『薬屋のひとりごと』がポスター貼り出し無しのサイレントコラボになっていた - Togetter

 

すごい、また上がってる。

天井知らずだなこの話題。

 

[B! 献血] 宇崎ちゃんに続く献血コラボ『薬屋のひとりごと』がポスター貼り出し無しのサイレントコラボになっていた - Togetter

 

しばらくはてなブログ自体休止しようかなと思っていたのですが(無意味な記事ばかりになってきてるし)、これは結構触れてしまった話題なので最後になにか書いておきます。個人的なまとめというか。

 

で、まずこの話題で抑えておくべきポイントは、おそらくここに書かれています。

宇崎ちゃんポスターについて、オタクとフェミ相互理解のための補助線 (1/2)

 

それで特に注目すべきなのはここですね、やはり。

 

ラディカルフェミニストからすれば自明の「エロ=女性の性的消費=性的搾取であり悪」という理論

 

エロは悪。

でも私からするとエロというのはあくまで表現の方向性のひとつであって公共的にどこまでという話はあっても、それ自体は悪でもなんでもない。女のエロも男のエロも等しく。

 

だからまあ、ラディカルなフェミニズムの方の活動なり意見を私は基本支持しませんね。

なにか効果があるとも思えませんが、とりあえず表明はしたほうがいいか。

 

それで個人的に思うのは、この手の話題はそもそも男女差別や女性蔑視・搾取というよりは、男女の性欲差に起因した現象じゃないかと思っています。強さも性質も多分違う。多分としか言いようがないが、たぶん。二次元三次元関係なく。

つまり男と女は違う生物。

本能に根ざした部分だから差がでちゃうものなんじゃないのかな。

それは別に女性を蔑視してるわけじゃないんですよ。そういう人もまれにいるかもしれないが。

でもそこを無理に突き詰めていくと笑顔の女のポスターがダメとか、もう女の権利を規制してるのはどっちなんだという矛盾がね、発生してしまうんじゃないのかな。

 

だからまあ、エロ=悪という部分はまず諦めてほしい気はしてます。18禁のゾーニングは既存の基準でいいとしてね。でなければ多分他の意見も聞いてもらえないんじゃない? 活動って支持を集めてなんぼだと思うし。

それにそこってそんなに本質なとこなのかな?

そもそも女に性的消費されてる男のアイドルや二次絵があったとして、彼らは女に性差別や搾取されてるわけでも男性蔑視でもないだろうし、まして悪であるわけもないし、それはただの需要であり仕事じゃないのか。

それは男だからいえる話だろ?

じゃあ、女もそうであればいえる話なんじゃないの。つまりそれは本質じゃないってことにはなりません?

もっと雇用や給与だったり、政治家の比率とか?あんまり具体的によくわからないけど、この社会を構成する根幹的部分での男女格差や無意識な差別や、ただ女であるというだけで押し付けられる意味不明で不合理な役割や抑圧や目に見えない圧力が消え去って解放されればそもそも問題にならないところなのでは。

そこは無理なんですか?

そっちもやってるか。それはすみません。まあ個人的活動でどうにもならない部分もあるかもしれないし。

というよりほとんどのことは個人ではどうにもならない。

それはでも皆さんがtwitter活動でがんばって敵を増やせば増やすほど実現には遠くなってしまうのでは。

どうにかなりそうなところを叩くたびに。

他者の自由をがんがん否定していってるんだから当然敵は増えるわけで、それは活動としていいんですかね。

そもそもその思想の本質はどこなのか。もちろんオタクを街から締め出すことではないんでしょう?

 

性別の違いなんかで社会的に差別されている事実があればそんなものはクソだと思うし大いに賛同したいとこではあるけど、エロ表現は悪とかいわれるとそんな活動はやはり賛同できないんですよ。どうにかならないもんですかね。

 

んー、こんな感じです。

この話題がなんでこんなに注目されてるのか考えていたんだけど、多分表現の自由って今相手がふたついるんだと思う。

公権力と私たち自身という。

で、前者はまあ定義されているんだろうけど、後者は違うのかも。

SNSから発せられる私たち自身の声が実際に会社や見知らぬ第三者の活動に影響を及ぼす大きな力になってるのに、それらとどう向き合いとり扱っていくべきなのか誰もわからない。未知な部分だし。

これまでも似たような話題がいくつかあったけど、そういうモヤモヤした感じが宇崎ちゃんポスターでひとつの節目としてタイミング的に人々の関心にうまくハマったのかな。そんな気がする。

 

ブログ、しばらくお休みします(今度こそ)。

ではでは。

 

f:id:bettychang:20191118010709j:image